スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル 取材 またまた詐欺まがい?

 時事評論家というふれこみの投資顧問会社の社長が、金融取引法違反の疑いで
、警視庁の捜索を受けたという報道がありました。

 捜索を受けたのは増田俊男氏(71)が経営する投資顧問会社「サンラ・ワー
ルド」の事務所など。

 増田氏は、カナダ、オンタリオ州の未上場IT企業、「アリウス3D」の新株
予約権を無登録での販売、金融商品取引法違反(無登録)の疑いで捜索を受けま
した。

 増田氏が投資家約1000人から集めた金額は約50億円だとか。

 この会社が新株予約権を販売したのは2007年10月頃。有価証券販売業の
登録もないのに、茨城県内の男性ら3人に計約500万円で新株予約権を販売し
たとされています。

 増田氏によれば、「アリウス3D」について、「画期的な三次元レーザースキ
ャン技術を開発」「40~50倍にも株価が上がる」。
 しかし上場は10年間なく、ほかにも、パラオのゴルフ場やコーヒー農園の事
業で100億円以上の資金を集めているのですが、それらの事業も中断、出資者
から被害届が出されていたそうです。

 「第二のマイクロソフトになる」のうたい文句は、講演会か何かの映像で見ま
した。確かに言ってましたね。
 
 似たような映像、こないだもニュースで見ましたね。「ハイハイ詐欺」で捕ま
った社長。
 
 起こってみると詐欺、詐欺まがいのことって、よくよく似てるもんだと思いま
した。

 


現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト
ジャーナルライフ
国際ジャーナル|報道ニッポン|現代画報
報道ニッポンを求めて
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年7月号のご案内
報道通信社の報道ニッポンのSpecialistに学べ!を読み解く
発行部数が3万部以上 国際ジャーナル 掲載料 国際通信社 現代画報社 名古屋 刑法 月刊 報道ニッポン 2009.5 / [本] セブンアンドワイ ヤフー店 ... 東京 今、評判の雑誌って? 掲載料 現代画報 国際通信社って 大阪 取材 報道通信社 現代画報で読み解く: 現代画報 コーヒーがもたらす健康効果 国際通信社グループ 民法 商法 振り込め詐欺など悪徳商法にお気をつけ下さい! REBO-LOG: 現代画報に紹介されました 取材費 取材商法とは? タレントがインタビュアーになり取材します 報道ニッポン
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

取材商法

なるほど
国際ジャーナルは、取材商法で詐欺してるのか
気を付けよう
ショッピング
プロフィール

Author:o8o9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。