スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報|ヨガについて

最近友人の間でヨガがはやっています。
もともとは友人の一人が出産後の体型戻しのために始めたのですが、その効果が抜群で体調も良くなったと聞き、友人みんなが次々とヨガを始めました。
私もヨガを始めてみようかなと思っていたところ、国際通信社発行の国際ジャーナル8月号に、ヨガについての記事がありました。
記事を読んで、改めてヨガのパワーを知ることができました。
ヨガを学ぶのには、ヨガのスクールに通うのが一番早い方法だと思うのですが、私の家の近くにはヨガのスクールがないので、とりあえず自分でできる範囲で始めてみたいと思います。
最近はヨガに関する書籍やDVDなど、多くの教材が出ているので、まずは今週末にでも購入しに行くつもりです。
ヨガの教材といえば、気になっているのがニンテンドーDSでプレイできる「どこでもヨガ」というソフトです。
その名の通り、ニンテンドーDSを片手にどこでもヨガが勉強できるというソフトで、若い女性の間で人気があるようです。
ゲームでどの程度本格的にヨガが勉強できるかわかりませんが、試してみる価値はありそうです。
効果があるようであれば、これからヨガマットやウェアも購入して、継続的にヨガに取り組んでみたいと思っています。




国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
スポンサーサイト

現代画報|ハイブリッドワーカー

不況のため本業でいただくお給料が減ったり、

そもそもお給料だけでは生活がなりたたないため副業をせざるを得ない

状況の人たちがいる一方で、

夢や趣味を持ち続けながら、それを本業にするのではなく、

本業(普通はサラリーマン)を続けながら夢や趣味の時間も確保し、

結果的にそれを副収入につなげている人たちもいます。



巷ではハイブリッドワーカーと呼ばれているそうです。



会社員兼芥川賞作家の津村さん、サラリーマン兼漫画家の田中圭一さんなどはその代表で、

普段は定時で働いて、その他の時間に活動しているそうです。

そこまで大きな結果をだしていなくても、

定時で本業を終えた後に毎日好きなアクセサリー作りを続け、

定期的にギャラリーで展示したりしている人もいます。



一昔前までは、歌手になりたいから正社員にならずアルバイト生活で、

というようなスタイルが、夢を追いかける大人によくある姿でしたが、

今は少しずつ変わっているようです。

その要因は、時間と空間の節約に寄与するインターネットの普及が大きいといわれています。

たとえば漫画家を目指すなら、本業を持ちながら自作の漫画を出版社に持ち込んだりすることは

大変ですが、今なら短編漫画を毎日ブログにアップしたりすることも可能です。

好きなことができると思えば、本業が少々しんどいときでも
それが励みになってがんばれるという相乗効果にもなるかもしれません。
二つの肩書きとまではいかなくても、仕事も好きなことも精一杯やっていく、そんないきいきした生活をしていきたいものです。

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

現代画報|ネットショップとブログの関係

最近は、インターネットでショップを開設して商売する人が増えています。いわ
ゆるネットショップですね。これは、家庭の主婦でも、それほど専門知識がなく
ても開設できる点が非常に魅力的です。ただし、誰でも成功するとは限りませ
ん。リアルなお店と一緒で、商品に対する知識や情報をどれだけ持っているか、
また、その商品のメリットをうまくお客さんに伝えて、購入をしてもらう技術も
必要となります。そのために効果的なツールが、ブログを開設することです。繁
盛しているネットショップは、ブログをうまく集客に使っているケースが多いと
言われています。ブログの一番の利点は、検索サイトにヒットする確率が高くな
る事です。これは、ブログへの記事をまめに公開していくことによって、商品に
関連するキーワードが増えていくことが理由です。ネットショップを開設する場
合は、是非ブログを作って、販売する商品のメリットを記事にして紹介するべき
だと思います。お店と違って24時間働いてくれるのがネットショップのいいと
ころです。商品に興味を持ったお客さんは、ブログの情報を丹念に読んでくれる
ものです。そのため、いちいち説明しなくても、購入の意思決定をしてくれま
す。ネットショップの繁盛にもコツがあるっていうことですね。





国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

現代画報|中古マンション売買の回復

不景気が続く中、首都圏では中古マンション売買が回復してきたようです。
データによると、仲介の成約件数は1~7月の累計で前年同期より
約4%の増加を見せているとのことです。
マンション市況低迷で割安と見た消費者の購買意欲が強まっているのが主因と思われます。

中古マンションの売買活発になると、通常は中古物件を売却して
新築マンションに乗り換える人が多いことから
新築市場に波及することが多いとされていますので、
中古マンションの回復が住宅市場全体に好影響を及ぼす可能性が出てきたとも言えます。

しかしながら、この好調の傾向は今のところ首都圏のみで、
近畿圏や愛知県では前年比減少との報告があり、
まだ全体的な回復には時間がかかるのが現実と言えそうです。

とはいえ、一般的に地方の回復は首都圏の回復と時間差があるとされていますので、
ゆっくりではあっても良い傾向であることは期待できそうです。

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

現代画報|子供が作ったマニフェスト

先日、ある番組を見ていました。きっと、「見た」という人も多いかと思うのですが・・・。
私個人的には「おもしろい」と思って見ていたのですが・・・。

それは、「子供たちがマニフェストを作る」というものでした。
ある子供は、「夏休みの宿題をなくします」というマニフェスト。
ある子供は、「子供にも選挙権を与えます」というマニフェスト。
「夏休みの宿題をなくす」というのは、何とも子供らしいマニフェストだな・・・と思いました。

他にも何人か子供が参加して、それぞれ自分の意見を述べていました。
中には、大人顔負けの意見を述べている子供もいましたが・・・。

もし今、私が小学生ならばこのマニフェストには大賛成なんです。「夏休みの宿題なんて
多すぎるし、絶対にやりたくない」と思っていたものですから・・・。
ただ、もし宿題がなかったら1日中遊ぶのでしょうか。遊ぶとしたら、何をして遊ぶのでしょう。
外に出て遊ぶのか、室内でゲームをして遊ぶのか・・・。「今日は暑いから」と室内でゲーム
ばかりするのでしょうか。それはそれで、ワンパターンな生活だと思いませんか?

テレビでも言ってたのですが、小学校で習う事って本当に重要だ・・・と思うんです。自分が
ある程度の年齢になったから言えるのですが、小学校で習った事が、中学校、高校、また大学や
社会人になったとき、また自分が親になったときに役立つんだと思うんです。

「子供に選挙権」というマニフェスト。これは、私は「あってもいいのでは」と思うんです。
子供から学ぶことって意外とたくさんあると思いませんか?子供の発言にはっとされたり、成長とともに
物の考え方や理解の仕方で大人が気付かないことを教えられる場面があると思います。
国民と政治の間にある溝が、今はとても深いような気がするんです。

大人だけではなく子供の声も聞いてもらえたら、将来に結びつく何かが見つかるかもしれません。
大人の意見、子供なりの意見も政治は聞いてもいいのではないでしょうか。
ひょっとしたら、先ほどのマニフェストのように「宿題はいらない」というかわいい意見が出てくるかもしれませんが。


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

国際ジャーナル|エコの行方

アメリカのゼネラルモーター社が2010年末にプラグインハイブリット車「シボレー・ボルト」の生産を開始するそうです。
このボルト、燃費が恐ろしく良い!ガソリン1リッターあたり約97キロを達成する見込みだとか!あり得ない・・我が家のワゴン車なんか高速走行でリッター12キロがせいぜいでしかもハイオクだし・・・。世の中はすっかりハイブリット、エコカー競争が激化していますね~。
エコについては国際ジャーナルで特集組んでますね。誰のためのエコなのか、エコによって何が豊かになるんでしょう。実は豊かさを求めていると、エコには繋がらないような気がするんだけど。
産業革命以来、人間は人間のためだけの世界を構築してきたわけです。山を切り開き、川を堰き止め、海を埋め立て、工業を発展させ、大気と水と土壌をこれでもかと汚してきた。そして、やっと「このままでは自分で自分の首を絞めることになる」と気づいた。でも、ただ緑を植え、汚染物質を垂れ流さないようにしているだけでは追いつかないのです。私たちが生きるために必要なもの全てに対して「エコ」にならないといけない。ごみを出さない、食べ残しをしないという基本的なところから始まって、ソーラーハウス、エコカーなどの大きなものに繋がっていくのでしょう。現在の世界不況を抜け出すときにも、経済活動はエコの方向へ向かうことが求められているのかもしれないですね。



国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

国際ジャーナル|名古屋で中学生にわいせつ行為で無職の男逮捕

最近では小学生や中学生が性犯罪の対象になりつつありますが、また中学生の女の子を相手に性犯罪が起こったようです。名古屋市天白区元八事の無職、松下博和容疑者(35)は、13歳の中学一年生の女生徒を深夜に車で名古屋市の自宅に連れだし、わいせつな行為をしたという疑いで今月5日に滋賀県警木之本署に逮捕されました。松下容疑者の逮捕容疑は、今年の2月10日未明に、携帯のサイトで知り合った滋賀県の女子中学生を深夜に車で連れ出して、自宅でわいせつな行為をしたという疑いです。木之本署は今月5日松下容疑者の自宅を家宅捜索し、複数の携帯電話を見つけたそうです。深夜にどうやって中学一年生の女の子が自宅から抜け出せるのかも不思議ですが、こういったサイトで出会って中学生と分かっていて対応している中年の男性がいるのも怖いですよね。特に小学生や中学生の女の子を持つ保護者の方は、携帯電話のインターネットサイト制限機能を設けるなど、しっかり対処したいものです。

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社

国際ジャーナル|食中毒

この季節、毎年必ずどこかで食中毒が発生してニュースになっています。

特に、行楽地に出かける家族づれが用意するお弁当や、

日々の節約のためにOLが持参するランチボックスは、

調理してから食べるまでの時間が長いため、細菌が繁殖しやすく食中毒の原因になりがちです。



食中毒を起こさないために、

その原因と対策を調べてみました。



細菌による食中毒が夏に増えるのは、

37℃程度で細菌が最も繁殖するためだそうです。

活発な細菌は20~30分に一度分裂するので、例えば朝7時に作った弁当に細菌が混じり、

30分に1回分裂したとすると、正午の時点で細菌は約500倍に増える可能性があるとのことです。

原因菌として近年多いのは、サルモネラ、カンピロバクター、腸炎ビブリオ、黄色ブドウ球菌などとのことで、

食肉や魚、ヒトに存在する細菌が原因となっていることがわかります。



こんな身近に存在する菌でも、

多くは75℃以上で1分間、完全に加熱すれば死滅するので、

特に弁当に入れる食材はしっかりと火を通すことが必要です。



彩りをよくするためなどに使用したいトマトなど、生の野菜はなるべく控え、

しっかり加熱した食材を使い、

食べる前まではできるだけ冷蔵、または保冷剤などを利用して冷たく保ち、

食べる直前に電子レンジ等で加熱してからいただけば、

食中毒の危険性はかなり減らすことができるようです。



弁当を持参する状況にもよりますが

ちょっと注意するだけでかなり効果が上がりそうなので、

この情報を役立てて、安全な弁当で夏を乗り切りたいものです。

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
ショッピング
プロフィール

o8o9

Author:o8o9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。