スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 箕面市長が育児休暇を・・・

大阪府の箕面市は10月20日に、市長が10月21日から11月5日まで
の16日間、育児休暇を取得することを発表したのだそうです。
次男が誕生したためで、期間中は公務を最小限に抑えるということですが、
必要な会合などには出席して職務代理者は定めないといいます。

市によると「子供の面倒を見たり、家事をしたりと、家族を支える時間として
十二分に活用したい」と市長は話しているそうです。
市長など特別職には育児休暇の規定がないようで、通常の休暇扱いになると
いうことなのです。
育児を理由にした首長の休暇は、東京文京区や長野県佐久市などで例があります。
そして広島県知事も10月下旬予定の第3子誕生を機に取得すると、先日
テレビのニュース番組で報道されていました。

育児に関しては、以前に雑誌「現代画報」で載っていたように思うのですが、
この国はまだまだ男性の「育児休暇」というものが浸透されていません。
やはり男性が長期の休暇を取るとなると「仕事に支障が出る」などの会社側に迷惑
をかける・・・という考えが先に立ってしまうのが現状です。
知事や市長など、上にいる立場の人が育児休暇を取って世間に浸透するか・・・
といえばそれは疑問ですが、男性が積極的に育児に参加するというのはとても良い
ことだと私は思っています。私も今、2人の子供を育てていますが主人が少しでも
手伝ってくれるだけで大変助かる部分もあります。
「少子化対策」と色々案を出されているようですが、そういった部分も考えて
いただくとありがたいと思いませんか?


国際ジャーナルを見つけて
現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト
スポンサーサイト

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 賞味期限


ある新聞記事に「賞味期限切れ食品をどうしていますか?」という記事が載ってい
ました。独自でアンケートをとったようですが、有効回答数が315票あるうち、「食べる」と答え
た人が279票、「捨てる」と答えた人が36票という結果が紹介されていました。

「捨てる派」の意見では、「きっと食べられるんだろうけど何かあった時に文句を言えるところが
ないのは困る」「おなかを壊したら嫌だから」という理由でした。
「食べる派」の意見では、「少々過ぎていても気にしない」「もったいないから」「卵や生ものは
しっかり火を通せば食べられるから」などの意見がありました。

例えば、「生もの」に関しては賞味期限が切れてから何日くらいまで食べようと思うか・・・の
質問も紹介されていました。「3日」と答えた人が多かったのです。続いて「1週間くらいまで」
「1日まで」の順で結果が出ていました。
「保存食品」に関しては「1ヶ月まで」「半年まで」「1年まで」の順で結果が出ていました。

以前、あるテレビ番組でもたまたま「賞味期限」についての話が出ていたのを思い出しました。
「賞味期限が2~3日切れたシュークリームをあなたは食べますか」という質問があったのです。
私なら問題なく食べるのですが、「食べない」という人が数人いました。理由は「もともと
シュークリームというのは賞味期限が短いもの。そのようなものの賞味期限が切れている状態
はきっとよくないと思う」という意見が今でも頭に残っています。

基本的には「賞味期限を切らさないように」心掛けるべきなのでしょうが、ついつい期限を切ら
せてしまうのが私の悪いところなのです。気をつけなければいけません。



現代画報の取材で・・
現代画報 スポーツ選手は取材の名人? 現代画報社

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル ロシア大統領が狙う北方領土訪問の意味は?



最近、日本周辺を巡る安全保障の問題を考えさせるよ うな報道が続いています
が、ロシア通信などによると、ロシアのメドベージェフ大統領が、北方領土を近
く訪問することをマスコミに対して発表し たそうです。これはロシア首脳とし
て、初めて北方領土訪問の意向を表明したことになるそうです。なお、今回の極
東訪問期間中に北方領土入りす るかどうかは、今のところ未定となっていま
す。このニュースについては、これからの日本とロシアの関係を考える上で、ど
のようにとらえればい いのでしょうか。国際ジャーナルでも、この点について
は分析を行ってほしいところです。今回極東のペトロパブロフスクカムチャツ
キーを訪問し ているメドベージェフ大統領ですが、天候が不順なために、北方
領土が訪問できないような発言をしています。北方領土についてはロシアとして
大 事な地域であり、近いうちに訪問するという意向を示しています。最近です
が、中国との間において、「戦略的協調関係の全面的深化」に関する共 同声明
に調印していますが、これはロシアと中国における対日戦勝の歴史観を共有する
狙いではないかとの報道もあります。これから、東アジア地 域におけるロシア
の動向には注目したいところです。





国際ジャーナル 世界のアイデア商品
現代画報の通信日記

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 作業中には欠かせない

報道ニッポン10月号の巻頭特集は「ネット動画の辿る道筋」ですね。記事にある通り、“帰宅して、まずスイッチを入れるのはパソコン”──。状態よろしく、ネット依存症の主婦もやっぱり毎日、朝のニュースを見終わったら大体YouTubeかニコニコ動画のサイトに行ってます。基本的に音楽関係の動画しか見てないので、あんまり使えてるとは言えないないかもしれませんが、ネットサーフィンやこうして文章を書くときの作業中には欠かせない存在になっている気がします。アップルのお世話になることなく、わざわざパソコンで音楽や動画を楽しむ理由は、何よりも一つのツールで事足りるというところだと思います。あれもこれもってならないのがシンプルでイイ。音は最悪ですけどね~。まあ動画サイトに上がっている音源そのものがアレなのだからそこは仕方がないです。でも、MADでセンス抜群のものはホントに素晴らしいですから、ファンならではの選曲、つなぎっぷりを見るにつけ、ニコ動風に言うならば「うP主乙!」って感じですよ。生中継も一度はまると面白いんだろうなと思います。事業仕分けのときとか、結構話題になりましたもんね。でもニコ動の場合・・▲廛譽潺▲牴餔・砲覆蕕覆い蛤・┿・・匹い箸海・舛腓辰汎馘世任靴腓Δ・・任癲▲ぅ鵐拭璽優奪函瓮織世脳霾鵑・蠅貌・譴襪箸い・廚す・澆鬚いげ淡困箸辰僂蕕錣覆い肇瀬瓩任垢諭H疹福・・・・・
ベンチャージャーナル
現代画報 取材
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 押尾学、また訴えられる。

押尾学といえば、昔はイケ面俳優で女子たちのあこがれの的状態でしたが、最近では事件以来一転して悪者感が漂う風貌になった気がするのは気のせいでしょうか?一緒にクスリをやっていた女性を見殺しにしてしまったという罪で、きっとたくさんのファンの方も離れてしまったと思われる押尾さんですが、またまた事件を起こしているようです。なんでも、名古屋市の信販会社が、高級外車の分割購入代金の未払いが続いているということで、車の引き渡しと、約630万円の支払いをするようにと東京地裁に提訴していたそうですよ~!なんでも、2008年に押尾さんがメルセデスのステーションワゴン(約950万円)の立て替え払いや、連帯保証を依頼する契約を結んだのだそうですが、今年の2月分以降、毎月約15万円を返済することになっていたのにみばらいになっており、催促にも応じていないのだとか。まあ、逮捕されていたこともあるのかな。そして15日の第1回口頭弁論で請求内容を争わなかったそうで、29日の次回期日で判決となるそう。まあ間違いなく、お金を払うことにはなるでしょうが、やっぱり人間いつでも謙虚な姿勢でいないと駄目なんですね。こういうことが、あとからぼろぼろ出て来るようじゃ、ファンが離れても仕方ないかも。

報道ニッポン 取材
rex.xrea.nu

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 一瞬の事故で命を失った女の子

先日、解体中の工場壁面が倒壊して、私立高校2年生の女の子が下敷きになって
死亡しました。このニュースはテレビでも新聞でも取り上げられていたかと思います。
あまりにも急なことでご本人も、周りに住んでいる人も大変驚いたことでしょう。

そして女の子が通っていた私立高校では、緊急の全校集会を開いて教職員や生徒たち
が黙祷をささげて、女の子の冥福を祈ったのです。

私立高校の校長が「彼女は一生懸命生きた。みんなの心の中でずっと忘れないでほしい」
と語りかけると、生徒の間からはすすり泣く声が漏れていたということです。

一方で事故現場では、事故発生後翌日ほど経ってから近くに住む男性が花をたむけている
姿が見られたそうです。この男性は手を合わせて冥福を祈った後で「近くで恐ろしい
事故が起きたことに心が痛む。二度と起きないよう再発防止に努めて欲しい」と
新聞取材で話していました。

このニュースをテレビを通じて知った時、私は心が痛みました。
私が身内であれば、許したくない、許せない事故だと思います。
また、事故が起きてから翌日くらいのニュース番組で「ガードマンなどがいなかった」
などと安全確保しているような状況ではなかったように聞こえました。
女の子にはまだまだ将来がありました。本人も夢があったことだと思います。
それが一瞬にして消えてしまったのです。工事を担当していた会社側はどのように
感じているでしょうか。何を感じていても許されないことだと思いますが・・・。


報道ニッポン | 報道通信社 | 薬物汚染について考える
現代画報の日々取材
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 子供の体力、一部だけが回復?

文部科学省は、2009年度の体力・運動能力調査の結果を10月10日に
公表したと、新聞記事に載っていました。

子供の体力は、中学生男子(13歳)の50メートル走で、子供の体力がピーク
だったとされる1985年頃の水準に戻るなど、前回調査に続いて回復傾向が
みられたということです。ですが、ピーク時と比べると、多くの項目で依然
低い水準だったということでした。

この調査は64年度から毎年実施されているそうです。今年は6歳から79歳の
男女約7万人が、昨年5月から10月にかけて体力テストを受けたのです。
中学生男子の50メートル走は平均7.91秒で、85年度の7.90秒と肩を
並べたのです。ですが、6~19歳の子供の体力が当時の水準まで回復したのは
この50メートル走だけでした。小中男女ともここ数年は回復基調にあるのですが、
11歳小学生男子のソフトボール投げが平均30.6メートルでピーク時の34.0
メートルよりも3メートル以上短いなど、大半の種目で低い水準だったという結果が
出ています。

子供に関する記事は、以前に雑誌「国際ジャーナル」でも載っていたように思うのです
が、今の子供たちの遊び方と私が子供の頃だった遊び方とは全く異なっているのです。
遊び方ひとつによっても体を使って遊ぶなどし、それによって体力がつくようにも
思うのですが、今は「ゲーム」で遊ぶ子をよく見かけるので、そういったところも
原因なのでしょうか、私はそう思っているのですが・・・。


iceland.bex.jp
太陽光発電

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 武富士の破綻で必要となる支援策



最近の経済面のニュースでは、消費者金融最大手の武 富士が会社更生法を申請
したことが大きなニュースではないかと思います。この破綻によって、利用者が
払い過ぎた利息を取り戻せる「過払い利 息」の返還額が、大幅に減額されるか
もしれないという報道が行われています。これがどのような問題なのか、その背
景についても考えてみたいと ころです。もともと武富士は独立路線をとってい
たので、金融機関の支援がなかったので破綻したという分析もあります。これは
本当なのでしょう か。国際ジャーナルでも、この点の分析を行って欲しいとこ
ろですね。武富士の破綻によって、返還請求できる利用者はどうなってしまうの
でしょ うか。まずは武富士に連絡して、必要な書類を受け取るなどの手続きが
必要だと言われています。正確な情報提供が望まれるところですね。実際に い
くら戻ってくるのかは、武富士に残る資産やスポンサーの支援額で決まるのでは
ないかと思います。武富士の資産はどれくらいあるのでしょう か。負債を除い
た純資産額は、6月末時点で約1500億円といわれています。この金額で返還
に応じることが可能なのか、これについては、今後 の報道なども注目しながら
分析したいところです。





経済情報誌 報道ニッポン 2008年10月号のご案内 | 報道通信社
oscar.coresv.com

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル レアアース輸出をめぐる国際間の軋轢



このところ、日中間の間では、漁船衝突に関して緊張 が高まっていますが、中
国がとったレアアースの輸出手続の停滞については、米国務省のキャンベル次官
補も大きな懸念を表明しています。これに ついては、国際ジャーナルでも、深
く動向を分析してほしい問題です。報道によると、国連総会が開かれている
ニューヨークで記者会見が行われ て、尖閣諸島周辺での漁船衝突事件発生後、
中国から日本へのレアアース(希土類)輸出手続きが停滞していることが、日本
と中国の緊張を高める だろうという強い懸念が示されているそうです。この件
について中国政府が関与しているかどうかは不透明な部分もありますが、アメリ
カとして は、暗に中国のやり方を批判したことになるのではないかと思いま
す。キャンベル氏によると、このような行動は、国際的な信頼関係を損なうもの
だと述べていますが、その通りではないかと思います。アジア全体が経済発展を
続けるなかで、一昔前の様な資源を武器にした強権的な外交姿勢に ついては、
中国としての立場を、国際的にも悪くすることにつながるかもしれません。日本
としても今後も資源供給の安定というところからのリス クヘッジを考えるべき
時期かもしれません。





経済情報誌 報道ニッポン 2008年12月号のご案内 | 報道通信社
tigers.ebb.jp

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル ペットブームの陰で・・・

ここのところ「ペットブーム」といわれています。
ですが、「ペットブーム」に乗ってか悪質なことをする者もいるようです。
以前に報道されたのは「ペット葬儀社」のペットの死体を山林に捨てるという事件が
あったかと思います。報道を聞いて、私は怒りを覚えました。

そして先日の新聞に載っていたのは、障害を抱えた飼い犬が増えているということ
でした。
人気種は需要に応じるために近親間の交配を繰り返すなどするためだそうです。
これは正直言って、人間の勝手な行動だと思うのですが・・・。

新聞記事に載っていたのは、ある夫婦が飼っているダルメシアンの話でした。
このダルメシアンは耳が聞こえないのだそうです。ちょうど10年前に、生後1~2
か月の時にペットショップで購入した直後に障害に気づいたということです。
そばで掃除機をかけても全く反応しなかったそうなのです。

この夫婦は交換してもらうことも考えたそうです。が、保健所に引き渡されて殺される
かもしれない・・・と思い、飼いつづけることにしたということです。ダルメシアンには
手の動きを覚えさせて、パーは「待て」、そのまま手を下げると「お座り」、グーは「だめ」
、床をたたくとこちらを向く・・・といった状況のようです。

とても優しい夫婦の気持ちがあって、ダルメシアンは元気に育っているようです。
国際通信社から発行されている雑誌にも「動物」に関する記事が様々な内容で載っている
かと思うのですが、「商売」を先に考えて「命」に関することを考えていない人たちを
私は「無責任」とあえて言わせていただきたいと思います。


国際ジャーナルの飛躍
報道ニッポン インフルエンザ報道と自己防衛/報道通信社
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル サンゴの白化現象

今年は、本当に暑い夏でした。テレビや新聞でも毎日のように「例年にない暑さ」
という言い方で報道されていたように思います。
一体、これからの季節はどのようになってしまうのでしょうか。不安になって
きました。ちゃんと春夏秋冬という季節を感じ取ることができるのでしょうか。
確か、国際通信社から発行させている雑誌にも「気候」に関する記事が載っていた
ように思います。

何度もしつこいようですが、今年は「猛暑」と毎日のように言われていました。
その猛暑の影響なのでしょうか、高知県の大月町の柏島周辺海域で、「クシハダミドリ
イシ」というサンゴの白化現象が起きているそうです。
新聞記事で目にしたのです。

海水温の上昇が原因とされているようで、同海域では4年連続の発生だそうです。
地元の環境保護団体・黒潮実感センターは「近年、発生の頻度が高いのが気がかり」と
話していました。

サンゴと共生するプランクトン「褐虫藻(かっちゅうそう)」が逃げて、石灰質の骨格
だけになって白く見える現象だそうです。今年はこの現象が8月中旬に確認されたとい
います。サンゴは死滅していないようで、水温が下がれば回復するということなのです
が、様々なところで様々な生き物や植物、また食べ物などが今年の異常な暑さの影響
を受けているのですね。私たち人間も体調を崩してしまった人が少なくはないと思うの
ですが、人間以外のものにも被害が出てしまうというのはなんと恐ろしい気候だったの
でしょうか。


報道ニッポン 好きな雑誌/報道通信社
国際ジャーナルに登場
ショッピング
プロフィール

o8o9

Author:o8o9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。