スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル ブラジャーと乳がんの関係。

ブラジャーを1日12時間以上着用する女性は、全く着用しない女性と比べ、乳がんのリスクが21倍も高くなることが米国立がん研究所の研究でわかったそうだ。乳がんだけではなく、乳房の病気全般にかかりやすいとのこと。
 形が崩れるのを気にして、つけたまま寝る人は私の周りにもいるが、私はつけないで寝るので、それさえも信じられない。さらに病気になりやすいとすれば、これからはやめたほうがいいことを伝えようと思う。この調査の中でさらに、世界の女性の約80パーセントがサイズの合わないブラジャーをつけていると指摘している。これはほとんどの友人、そして自分自身が当てはまることである。きちんとしたランジェリーショップに行ってサイズを測ってもらい、自分に合ったものを購入するのが一番理想であるが、なかなか難しい。何より価格が高いのだ。そんなことを言っているから、ますます形が崩れていって、年をとったときは見るも無残になっているのであろうが・・・。
 やはり年をとって、垂れてきたと感じる。仕方ないとは思いながらも、鏡に映すと少々ショックを隠せない。そろそろお肌も限界を感じているので、きちんとしたケアをするように心がけようと思いながらも、価格のことで躊躇してやめてしまっている。きちんとしている人はきっとここ数年で差がついてしまうのであろう。
 しかし、年をとるのは自然の摂理だ。言い訳のようであるが、自然に任せて生きたいと思ってしまう自分もいる。化粧も嫌いだし、コンタクトもキライで眼鏡だし、女子力ゼロだが、それでもナチュラルに生きたいと思ってしまうのはいけないことであろうか・・・。

国際ジャーナル紀行
現代画報 | 現代画報社 | 取材記者という職業
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
スポンサーサイト

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル ィ・ビョンホン、日本のドラマに初挑戦

韓流スターのイ・ビョンホンさんといえば、この間は結婚詐欺だと訴えられたりしていましたが、日本では来年1月スタートのフジテレビ系ドラマ「外交官・黒田康作」で日本ドラマに初出演することがわかっているそうですよ~!ビョンホンファンの方は、見逃せませんね~!このドラマで共演することになるのが、日本の誇る俳優、織田裕二さんで、ビョンホンさんは織田裕二さん演じる主人公の黒田と旧知の仲の情報提供者役だそうで、第1話で華麗に登場するそう。もちろん、その後も準レギュラーとして出演していくようですね。初めてのビョンホンさんの撮影は、都内近郊でスタートしたそうで、1話での2人の出会いのシーンなどからの撮影に臨んだのだそう。ビョンホンさん曰く、多くの部分が韓国のドラマ制作と似ていたのだそう。もちろん、北朝鮮の砲撃で韓国の民間人に犠牲者が出ており、韓国の状況を心配しながらも、演技に集中しているそうですよ。また、ビョンホンさんは織田さんと撮影前に会話を交わし、織田さんのことを「ジェントルで一切妥協せず仕事に取り組む方」と信頼しているそうで、また、織田さんもビョンホンさんのことを「『外交官・黒田康作』にまた一人心強い仲間ができました!」と喜んでいたそうですから、仲良くやっていきそうな感じですね~。
現代画報で読み解く
国際ジャーナルの取材記事を読んで 朝ごはんを考え直そう
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 関西に存在する二つの空港について

このところ日本における航空行政の話題がよくニュースになっているのではない
でしょうか。国際ジャーナルでも、そのあたりの特集については見た記憶があり
ます。特に話題となっているのが関西です。大阪には、大阪国際空港、通称伊丹
空港と、1994年に開港した、関西国際空港の二つが存在しています。これは
どのような特徴があるのでしょうか?伊丹空港ですが、大阪の中心地である梅田
まで電車で30分程度です。ですから交通が便利な空港であると言えます。一
方、関空については1時間以上かかりますから、ちょっと不便であると思いま
す。このあたりが、複雑な状況を生み出しているのではないかと思います。伊丹
空港売却という主張なども、前からでていますが、どうなっていくのでしょう
か。大阪の橋下徹府知事ですが、伊丹空港廃止を主張しています。しかし、これ
に対して反対派の攻勢も強いようです。なかなかはっきりとした結論は出にくい
のかもしれませんね。これからの関西の経済的な発展にも関係してきますので、
この話題については、これからも目にすることになりそうですね。







opem-press.org | 国際ジャーナル | 国際通信社
現代画報との戦い

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル トイレの神様、紅白出場

みなさんはすでに、「トイレの神様」をご存知でしょうか?「トイレの神様」って、トイレの花子さんみたいな怖い話かって一瞬思っちゃいそうですが、そうではなくて、純粋に「トイレの神様」なんだそう。なんでも、トイレには、それはそれはキレイな女神様がいるんやでと話していたおばあちゃんの言葉を信じ、毎日トイレをキレイに掃除していたのだとかで、おばあちゃんを想った歌と言ってもよいかもしれませんね。そんな「トイレの神様」を歌っている歌手の植村花菜さんが、なんと大みそかでは毎年恒例の「第61回NHK紅白歌合戦」に出場されることになったようです。一応今回出場するのは、紅白合わせて44組だそうで、去年の50組から6組減となっているものの、「トイレの神様」を歌う予定の植村花菜さんは、9分52秒の曲をノーカットで歌うことが決定したそうですよ~。長い曲なのにノーカットで歌うなんて、紅白という舞台でしっかり歌えちゃうんでしょうか?度胸がある人じゃないと、勤まらなさそう~!本当は今年はK-POPが目玉だったようですが、残念ながら不在となることになってしまった穴をバッチリ埋めてくれちゃうのでしょうか!?まだ「トイレの神様」を聞いたことのない方は、この機会にぜひ聞いてみちゃってくださいね。

現代画報 メタボリック・シンドローム脱出方法 現代画報社
国際ジャーナル通信
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 盛岡弁をまとめた辞典が完成

日本には、数多くの方言があると思います。最近では、方言や各地域の風習などを紹介

するテレビ番組も放送されているかと思います。

そんな中、「酔ったぐれ」「われぇごどでねぇ」など盛岡弁の単語や言い回し3257語を

まとめた「盛岡ことば辞典」が完成したそうです。
ちなみに「酔ったぐれ」は「酔っぱらい」、「われぇごどでねぇ」は「笑い事ではない」

だそうです。

生粋の話し手が少なくなった盛岡弁を後世に伝えようと盛岡市八幡町の81歳男性が発刊

まで10年もの年数をかけた労作だそうです。この本は市内の書店で販売されているとい

うことです。

五十音順に、「あうぇに」、「ばんきっしゅ」、「はんごろす」などと紹介されている

ということです。単語の意味だけではなく、同義語、語源、会話の中で使う実用例も
挙げて、標準語から盛岡弁を調べられる逆引き辞典も盛り込んであるということです。


そして、正確な発音や抑揚を伝えようと全単語の実用例を、81歳男性が発声して吹き
込んだDVDも付属されているそうです。
各地域の方言は、聞いていると非常に面白く感じます。私は大阪なので、関西弁を話し

ますが、大阪では通じる言葉が東京で通じないというのが多くあることに気がついた時

期がありました。昔から使われていた方言が、今では使われないというのは少し寂しい

気にもなります。歴史あるものは、時代が過ぎても受け継ぎたいものですね。




報道通信社 取材
cars.ebb.jp

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル ラジコンとプラモデル

静岡市にある玩具メーカーでは、無線操縦で楽しむラジオコントロールカーや
プラモデルなど、成人男性の懐に照準を定めた高額新商品を次々の販売している
そうです。

注目は、12月中旬に発売するレース用ラジオコントロールカーだそうです。
車体だけで8万3790円もする最上位モデルだそうです。金額を見ただけでも
人によっては「手が出ない」と思う人もいるかもしれませんが、趣味としている人
などにとっては「何としても手に入れたい」という気持ちがあるのではないでしょうか。

この最上位モデルですが、今年ドイツで開かれた世界選手権を制した機種がベースで
最上位のモーターや電池を搭載すれば、最高時速100キロを超えるとされる
スーパーマシンだそうです。

旧日本海軍の重巡洋艦「利根」の350分の1サイズのプラモデルも11月下旬に
発売されるのだそうです。全長は57.6センチあるそうです。
主砲4基や艦載機など、細部までリアルに再現してマニアの人気を集めそうだという
ことです。

子供の頃にプラモデルを作っていたという男性が、大人になってからも趣味として
されている人は少なくないと思います。以前、あるテレビ番組で紹介されていました。
ある地域では「プラモデル好きな人が集まってプラモデルを作る場所」という店が
あるようです。多くの成人男性が、自分の子供を連れて親子で一緒に楽しみながら
作る様子はほほえましいものでした。
子供と一緒に楽しむ・・・とても素晴らしいことだと思いませんか?


評判のお店を取材 報道通信社
報道通信社の報道ニッポンの編集者のサイト

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 最高峰に登頂した65歳の主婦

新聞を読んでいて、ふとある記事に注目しました。
それは、全国47都道府県の最高峰にこのほど、京都府に住んでいる65歳の
主婦が登頂したそうなのです。
「日本百名山」の制覇に比べて挑戦者も少なく、珍しいそうなのです。
この主婦は「百名山より難しかった。とても嬉しい」と感無量の表情を見せた
そうです。

この主婦は20代で登山にのめり込んだそうです。主婦業と仕事を両立しながら、
52歳で日本百名山を踏破したのです。
その後は島などの最高峰に挑んでいたようですが、山仲間の誘いを機に「元気な
うちに」と7年前から各府県の最高峰を目標にしていたということなのです。
最高峰は、県境の4か所を含む43か所。百名山と重なる山を除くと、あと23か
所あったそうです。日帰りできる低い山ばかりですが、百名山と違って情報が少ない
のです。現地の役場に林道の状況や登山口を聞いて、前泊する宿や温泉を探したのです。

今の60代というのは、本当にまだまだ仕事ができる、また体をどんどん動かすことが
できる年齢なのですね。私自身は、60代はまだ先の年齢ではありますが、勇気を
頂いた新聞記事でした。
「年金問題」や「雇用」などの問題がテレビや新聞で取り上げられることがありますが、
「年金」という言葉がまだ不要なくらい元気だな・・・と感じます。
この国は、平均寿命が延びています。中には90代の人が運動をしたりする姿をテレビ
で報道されたこともあります。
そのような姿を見ると、心から「私も頑張らなければ」と思います。


月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年3月号のご案内 | 現代画報社
dolce.cms.am

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル マイボトル

以前、雑誌「現代画報」には「不景気」に関する記事が載っていたように記憶しています。
現代画報」だけではなく、「国際ジャーナル」でも取り上げられていたかもしれません。

不景気を理由に、「自分のこづかいが減らされた」「生活費を削っている」という人が多いかと
思います。今まで昼休みには「近所の食堂で食べていた」「コンビニで弁当を買っていた」とい
う人も家から弁当持参で出勤する人が増えてきているようです。
独身男性でも朝起きてから自分で弁当を作り、職場に持参するという人も少なくはないようです。

そして「飲み物」です。今まで「コンビニでお茶やコーヒー買っていた」「自販機で買っていた」と
いう人も家から持参して会社で飲む・・・という人が増えているようなのです。
「マイボトル」に入れて持参するようですが、ある新聞の統計によると一番多いのが「お茶」で64
パーセント、「水」が18パーセント、清涼飲料水が12パーセント、その他が6パーセントだそうです
。持参するお茶の種類は豊富で緑茶、ほうじ茶、麦茶、そば茶など、その日の気分で決めるのか、
家にあるお茶がそれしかないのか、様々のようです。

また、人によっては「マイボトル」を複数本持参する人もいるようです。1つはお茶、1つはコーヒー
、1つは清涼飲料水などだそうです。私の知人の旦那さんも2本職場に持っていっているようで、麦茶
とホットコーヒーなのだそうです。今まで、コンビニでコーヒーを毎日買っていたそうですが、不景
気の影響で給料が減り、それがきっかけで「マイボトル」を用意したそうです。
ちなみに私の主人は、マイボトルが話題になる前から毎日のようにお茶を持参しています。
「マイボトル」という格好いい入れ物ではありませんが・・・。

記事に「マイボトルは、エコと節約効果が期待できそうだ」というコメントがありました。
「地球にやさしい」「財布にやさしい」かもしれませんね。



realestate.ebb.jp
経済情報誌 報道ニッポン 2009年1月号のご案内 | 報道通信社
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 端っこがオイシイ

本当のパン好きはパンの耳やへた(一番端っこのこと。実家の母がそう呼んでいたので正式名称だと思ってました)が好きです。バゲットなどのハードタイプのパンに至っては、周りのカリカリこそが命なわけです。焼きたてのピチピチピチパリパリパリというあの音!食パンだって、トーストしたときに一番香ばしく、噛むほどに味わいが出るのが耳です。冷めたトーストでも耳なら食べられます。固いの上等ですわ。
カステラも、端っこが美味い。でも商品としてパッケージされるときは大体切り落とされてますね。そんな切れ端ばかりを集めたお得パックを時々スーパーで見かけて買うのですが、今は有名カステラ店から出た切れ端を激安価格で提供するサービスなんかがあるのです。カステラだけじゃなくて、ロールケーキの端っこ、ミルフィーユ、スポンジケーキ・・見た目は確かにあんまり良くないけれど、味は変わらないし、カステラみたいに端っこの方が美味しかったりします。
いわゆる訳有り商品が最近はエコだ不況だで売れてるんですよね。楽天のグルメサイトをちょっと覗いてみれば、そういうお店がたくさん出てきます。消費者側からすると、味が良ければ少々形が悪くても気にしないし、その分安くしてくれるなら助かっちゃうって感じですね。お店側からすれば、フードロスを無くせるし宣伝にもなるし(じゃあお歳暮は正規品で~と選んでくれる可能性が高い)、お互い旨みの方が大きいです。こういう細かいところの見直しというか着眼点を持つということは、これからの企業経営にとってとても大切なことでしょうね。飲食業界だけでなく、第一次、第二次、第三次産業、どれをとっても。
国際通信社で掲載している企業を見ていると、お客様本位を第一にしていることは当然なのですが、やはりコスト削減は大きな問題であり、環境への配慮も企業倫理として求められているのがよく分かります。企業が提供するものは有形無形であれ「たかが端、されど端」なんだと思います。せっかくバブルが弾けて挫折して、世界不況のどん底を思い知ったのだから、日本人の「もったいない」精神を生かさない手はないですよね。




報道ニッポン インフルエンザ報道と自己防衛/報道通信社
yopの国際通信社

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 32インチに惑う

先週の水曜日、ダンナが帰ってくるなり「今月中にテレビを買わないとマズイかもしれない」と言い放ちました。何でも会社の同僚から「12月からエコポイントが下がるだけじゃなくて、テレビの引き取り金額も上がるらしいよ」と言われたんだそうな。とうとう我が家にも地デジ時代の到来か?!いい加減あの「地デジにしましょう」字幕は鬱陶しいと思っていたのだ!と気分も盛り上がり。報道ニッポンでも「テレビ新時代の到来」って記事が載ってたしね。事実を確かめるべく、日曜日に近くの家電量販店を訪ねてみると・・テレビコーナーは結構な人だかり。みんな考えることは同じだな。早速店員さんを捕まえて話を聞いてみたら、引き取り金額は変わらないとのこと。とりあえずすぐには買わないでいいのは分かったので(一気に購買意欲が冷却されたウチら)、改めてどんな価格でどれぐらいのが買えるのかリサーチすることにしました。
ダンナはかねてからプロジェクターを取り付けたいという野望を持っているので、「出来るだけ小さいの!」と、19インチを主張していたのですが・・。小さっ!こんなんリビングに置いたらダイニングから字が読めないじゃん;;26インチ・・これも中途半端、19と変わんない。結局32インチが売れ筋なせいで価格もいい感じ。ダンナは「でかい・・でかいよ」と嘆いてました。ま 来年までには決めたいです。



現代画報 メタボリック・シンドローム脱出方法 現代画報社
国際ジャーナル通信
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル ティッシュの存在

雑誌「現代画報」には様々な商品に関する記事が紹介されていたように記憶しています。


今の季節、新型インフルエンザ、季節性インフルエンザに感染しなくとも、風邪をひきやすい時期
なのではないかと思います。
子供は、たとえ元気でも鼻水を出しながら冷たい風が吹く中を走り回っています。

風邪の症状である「鼻水」。鼻水が出てしまうとティッシュを使って鼻をかみます。まだ鼻が
かめない年齢の子供には親が鼻水をティッシュを使って拭いてあげることもあるでしょう。
そんな中、5箱200円前後のティッシュを使うと鼻が痛くなる・・・とあちらこちらで聞きます。
スーパーで見かけるのが、肌に負担のかからないボックスティッシュなのです。近所のスーパーで
は1箱200円前後で販売されています。

ティッシュとはいえ保湿性を高くしたものが販売されており、優しい肌触りのティッシュなのです。
今の季節は風邪の症状が多いかもしれませんが、季節によっては「花粉症」で悩む人たちも多いか
と思います。花粉症の人は、年々増えてきているのだそうです。

保湿性の高いティッシュは、特に女性の間では人気が高まってきているようです。
あるメーカーから発売されている保湿性重視のティッシュは2004年に発売されましたが、

発売当初は売上は低迷していたそうです。しかし、近年では売上があがってきているそうです。
また、2箱3000円というティッシュも話題を呼んでいるとのことです。

鼻をかむ行動が実は肌に負担がかかっているものかもしれません。どうせかむのであれば、肌に
負担のかからないティッシュを利用して少しでも快適に過ごしたいですね。




国際ジャーナルから学んだ
mio.weblog.vc
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 女性の完全失業者

 女性の完全失業者が前年比25パーセント増だったそうだ。完全失業ということはパートやアルバイトでもないということである。正社員などは夢のまた夢という現実がある。
 私の周りにも、男性なら働き盛りである30代の女性が職に就けずに悩んでいる話をよく聞く。やっとなんとかつけたとしても、パートであったり派遣であったり。子供がいて、働きたくても保育園は待機児童でいっぱいだし、たとえ保育園に入れることができても、給料より保育園の料金の方が高くついてしまうので結局働けないという話も度々聞く。いやいや専業主婦になっている人がたくさんいるのだ。旦那の収入がそこそこあって生活していけるならいいが、そうでない人たちは将来の不安だらけで疲れ果ててしまうだろう。
 不況不況といわれて、もう何年経っているだろう。政府はあれこれと策を練っているようだが、一向に回復しない。また子供手当てというばらまきも行われようとしているし、そういった目先のことではなく、将来を見据えた改革を願いたい。私のような自営業でなんとかうまくやっていければ、一番良いのかもしれないと最近思うようになったが、これはこれで相当苦しい戦いを強いられている。「将来のことは考えない。考えたら生きていけなくなる。」とシングルマザーの友人が言っていた。これが真実なのだろう。

月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年3月号のご案内 | 現代画報社
dolce.cms.am

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 米飯が・・・

ある新聞記事に載っていたものですが、米飯を多く食べる習慣がある女性は、
あまり食べていない女性に比べて糖尿病になる危険性が高いということが、
厚生労働省の研究班による日本人対象の大規模調査で明らかになったのだそうです。
日本人の米飯と糖尿病発症の関連が分かったのは初めてだということです。
この内容は、米臨床栄養雑誌に発表したようです。

今回の調査は、全国8県に住む45~74歳の健康な男女約6万人を5年間追跡
したのです。
接種カロリーや栄養バランスの個人差を調整して米飯だけの影響を分析した結果、
白米だけの米飯を1日あたり3杯、グラムにして420グラムを食べる女性は
1日あたり1杯強、グラムにして165グラムの女性に比べて、糖尿病を発症する
危険性が1.67倍高かったという結果が出たようなのです。
1日あたり4杯、グラムにして560グラムの女性の危険性は1.81倍だったようです。
麦などの雑穀が混ざった米飯を食べている場合は、危険性はやや低くなったようですが、
傾向は変わりませんでした。
ちなみに男性の場合は、米飯の接種量による明確な差は見られなかったようです。

「日本人は米」と多くの人が感じていると思うのですが、まさか糖尿病につながる場合が
あるとは思いませんでした。私自身、非常に驚いた新聞記事でした。国際通信社から発行
されている雑誌に「健康」をテーマにした話題が載っているように思うのですが、健康の
ために日ごろから米飯の人もいるでしょう。その人たちにとっても「まさか」と感じられる
話だったのではないでしょうか。


rex.xrea.nu
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年1月号のご案内 | 国際通信社

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 年賀はがき発売開始

時間が経つのは本当に早いものだと感じるニュースが新聞やテレビで報道されて
いました。
来年のお年玉付き年賀はがきが11月1日に、全国の郵便局などで一斉に発売
されたということです。

新聞記事によると当初の発行枚数は36億5500万枚で、最終的に前年並みの
約39億枚の発行を予定しているそうです。
そして人気のディズニーのキャラクターを使った年賀はがきは、前年の約1.3倍
の4億6930万枚が用意されたということです。
裏面のキャラクターの絵柄をこすると花の香りがするという新商品が追加されて
一部の郵便局などで限定発売されるといいます。

東京都中央区の京橋郵便局で開かれた販売開始セレモニーでは、女優の蒼井優さんが
「年明け一番最初のプレゼント、気持ちを込めて相手に喜んでもらえるような年賀状
を出したい」とPRしたそうです。
また、京都の郵便局では舞妓さんが記念品を手渡すという素敵なイベントも行われた
ようです。

ここ最近は、「メールで年始の挨拶を」と考える人が多くなってきているようです。
私も普段はメールを使用するので確かにはラクだと思いますが、手元に年始の挨拶が
届く形がはがきだというのもまた素敵だと思いませんか?我が家では毎年年賀状を
送っていますが、この時期からデザインに悩みます。


現代画報 スポーツ選手は取材の名人? 現代画報社
現代画報への思い
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 警察官が大麻取締法違反容疑で逮捕

兵庫県警の警察官が大麻取締法違反容疑で逮捕された事件があったそうです。
実は私は知りませんでした。しかし、新聞記事に載っていたようです。
この事件で、県警監察官室は11月5日に、加古川署兼本部教養課の24歳の
巡査を懲戒免職処分にしたそうです。
県警によると「警察官になる前から大麻を吸っていた。やめようと思ったが
やめられなかった」と供述しているということです。

そして「警察官に採用される前にも2週間に1回ぐらい大麻を吸っていた」
「採用後は大麻をやめようと吸引用パイプなどを捨てたが、吸うと楽しい気分
になった」などと供述しているということです。
採用後も3、4か月に1回吸引していたというのですから非常に驚きました。

この容疑者は昨年10月に採用されて、今年の7月から加古川署に配属された
そうです。翌月から県警本部教養課にも所属して特別訓練員として週4日は柔道
の訓練をしていたそうです。

この薬物に関する話題は、常にテレビや新聞でも取り上げられているように思います。
それに雑誌「現代画報」でも載っていたように思います。
どうして薬物に手を出すのでしょうか。どのような気持ちで手を出すのでしょうか。
自分自身を失ってしまう、非常に恐ろしいものだというのに・・・。
しっかりした考えを持っていただきたいと思います。


国際ジャーナルで読み解く
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年5月号のご案内

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル チンパンジーと・・・

以前、雑誌「現代画報」には「動物」をテーマにした特集がいくつか紹介されていたように記憶
しています。

動物というのは数多くの種類がありますが、なかでも「チンパンジー」は、よくテレビや新聞で
も取り上げられるほどの能力をもった動物なのではないかと思うのです。

先日、ある新聞記事にもチンパンジーの記事が載っていました。
それはたった1個の遺伝子の違いが、チンパンジーにはない高度な言語能力を人間にもたらす大きな
原動力となった可能性があるというのです。これは、アメリカカリフォルニア大が明らかにしたそう
なのです。
この遺伝子は他の様々な遺伝子の働きを調節しているため、脳で言語能力をつかさどる部分の発達に
も影響するとみられるそうです。

なかなか理解できない言葉なのですが「FOXP2」という遺伝子なのだそうです。これに異常がみら
れると遺伝性の言語障害を引き起こすものなのだそうです。人間とチンパンジーは、この遺伝子で
作られるたんぱく質がアミノ酸2個分だけ異なるそうです。
人間の培養細胞で両者のFOXP2を働かせてみたところ、人間のFOXP2はチンパンジーのFOXP2に比べて
61個の遺伝子を活発化させ、逆に55個の遺伝子の働きを抑えたそうです。実際の脳組織でも働きの
違いを確認したそうです。
これらの遺伝子は、神経回路の構築などを通じて文法理解や発話の能力に影響するとみられている
そうです。

人間とチンパンジーと比較する機会がテレビや新聞ではよくあるかと思うのですが、実はほとんど
差のないものなのでしょうか。チンパンジーの行動などを見ていると人間に似ている部分も多くあ
るかと思います。今回の記事は私には非常に難しいものだったのですが、「言語能力」に惹かれて
記事を読んでいました。



lua.weblog.am
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年2月号のご案内 | 現代画報社
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 援助交際をする子は。

 援助交際に関わった少女の7割近くが、将来父母のような家庭を作りたいとは思わないと答えているそうだ。親から放って置かれたり、暴力を振るわれたりしたために家が居心地悪く感じ、夜の街に出て事件に巻き込まれるケースが多いのだと分析している。
 援助交際する子の心理は、私にはわからない。私の世代ではまだ援助交際という言葉はなく、平和なものだった。私たちのすぐ下の世代からそういう言葉が流行り始め、ドラマになったり映画になったりしていた。悪いことだとわかっていても、自分が愛されていないから自分を愛することができないのだろうな、と考える。誰でもいいから、そのときだけでもいいから自分を愛して欲しいと叫んでいるような気さえするのだ。単純にお金がほしいという目的もあるのだろうが、心に奥に潜む寂しさからそのような行為に及んでしまうのではないだろうか。
 最近よく子供の虐待死などを耳にする。死までいかなくても、親に愛されず虐待を受けている子はたくさんいるのであろう。弱い子供を守るのが親の役目なはずなのに・・・。そんなニュースを見るたびに心が痛む。邪魔にするなら、なぜ産んだのだろう。子供たちは決して悪くないのに。
 私はまだ子供がいないが、いつか産むときが来るかもしれない。育児でストレスがたまって叩いてしまうようなことはあるかもしれない。しかし絶対に愛情を持って育てる自信がある。なぜなら私は両親から最高の愛情を注がれていたからだ。自分の子ではなくても愛せるように、私ももっと心広く生きて行きたいと思う。

国際ジャーナル 通信
国際ジャーナルに出現

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 昼間にウトウト

先日、ある新聞に「昼間にウトウト」というタイトルの記事が載っていました。

新聞の記事に載っていたのは、中学、高校生の3人に1人は昼間に強い眠気を感じていることが
全国調査でわかったというものだったのです。

昼間の眠気は国際的な尺度を使って評価されたのだそうで、「座って人と話したり、本を読んだり
しているとウトウトする」など、昼間に強い眠気を感じる生徒が全体の33パーセントだったそうで
す。男子は28パーセント、女子は38パーセントで女子の方が眠気の比較が高かったそうです。
研究班のある教授は、「強い眠気を感じている生徒は予想以上に多かった。どういう条件だと昼間
に眠気を生じやすいのかを明らかにし、健康教育などに生かしたい」と話しているそうです。

また、昼間の眠気は学習効率を下げたり、健康に悪影響を与えたりすることが知られているようで、
健康教育が重要になるそうです。

私も学生時代、昼間に眠気と闘っていたのを思い出しました。お昼休みに昼食をとった後の授業は
とても辛かったことを記憶しています。また、午前中の11時すぎになると先生の話を聞いていると
だんだんと眠くなってくるのです。まるで、催眠術にかけられているような感じでした。

高校の頃は毎日のように夜中の2時くらいまで平気で起きており、休みの日は昼過ぎまで寝ていま
した。そういったバランスの悪い生活を送っていたために、いざ学校へ行くと体がその悪いバランス
を覚えてしまっているのでしょうか、眠気が襲ってきていました。

今の学生はどのような生活を送っているのか私には分らないのですが、生活のバランスを考えてみる
というのもいいかもしれませんね。



現代画報 メタボリック・シンドローム脱出方法 現代画報社
国際ジャーナル通信

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 先輩風

先日、幼稚園で同じ委員の仕事をしているママさんとお茶してきました。彼女とは服の趣味や絵が好きという共通点があり、話も合うし気も合うので楽しくお喋りしていたのですが、途中から子どものことで悩み相談をされました。お友達関係の悩みです。可愛くて明るい娘さんのイメージからは想像しにくい。でも、話を聞くと「大人から手出しができない子ども同士の問題」なのです。お友達の輪の中に入っていけない、「○○ちゃんは入れてあげない」とリーダー格の子に言われると何も言い返せない、子ども同士にはよくあること。まあ 言ってみれば通過儀礼です。自分で何とかするしかない。まあ 同じようなことが大人になってもあるからね~。人生における悩みのほとんどは人間関係によるものだと断言できます。
とはいえ、年長さん生活も二学期後半に入ったのに、「幼稚園行きたくない」なんて思ってしまうのは可哀相です。我が家も長男が一年生のときは、友達がなかなか作れなくて毎日「学校つまんない~」と言ってました。そんな長男のために・・・私は特に何もしませんでした。「話を聞く」こと以外は。こんなとき親が出来ることは一つ、とことん「話を聞く」です。でも、根掘り葉掘り聞いてもダメ。そもそも話してくれませんがね。そこで、最初は「聞く」のではなく、まずは「お母さん今日こういうことがあってさ~」と自分から話します。話しやすい空気をつくる感じ。自分だけが一方的に「言わされてる」感覚を取り払えれば良いなと思って、こういうやり方をしています。と、ママさんに話したら、「それは先輩ママの意見だね!なるほど~」と共感してくれました。はは 先輩風吹かせちゃったぜ!
国際通信社の各雑誌では教育に関する記事を意欲的に掲載していますが、これからもどんどん現場主義で取材して欲しいです。多くの親は教えることは未経験です。自分が学んだり教わったりしたことを、そのまま子どもに伝えるだけでは足りない。親が勉強しないと教育ってできないんだなって実感しています。




国際ジャーナル通信
占いジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 厳しい経済の状況をどのように打破するか?

政府も景気対策については様々な検討を行っていると 思いますが、今現在の景
気は、とても厳しい局面にあるのではないかと思います。これは国民全体もその
ように感じているのではないでしょうか。 政府は先に景気認識を「足踏み状態
にある」と下方修正しています。これはどのような観点からの認識なんでしょう
か。さらに円高などの問題に対 して、日銀も金融緩和を強めているのが現実で
す。急激な円高による景気への影響は深刻になってきているのが現状です。この
ような現状をどのよ うにして打破していくのが考えられるか、国際ジャーナル
でも、積極的な提言を今こそ行うべきではないかと思います。マスコミの報道の
質が、求 められている時代になってきています。これから菅内閣としても、先
行き不透明な経済を立て直すにはどうすればいいでしょうか。先日は、国会で
補正予算案が提出されましたが、その内容だけでは充分とは思えません。今こそ
国会審議を通じて中身を充実させてもらいたいと思います。財源を どうするか
というのも大きな問題です。新しい産業の創出によって雇用を増やし、ぞれによ
る個人消費の拡大と税収アップというのが一番のシナリ オではないかと思いま
すので、そのように進めてほしいと思います。





怪しいものにきをつけろ!! okiの現代画報
報道通信社・報道ニッポンで知るチーム・マイナス6%

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 日本と世界の貿易に対するTTPの影響とは?

これからの日本と世界の付き合いの中で、貿易につい ては大きな問題が生じて
います。それがTPPの議論だと思います。このTPPには米国、オーストラリ
アなど農業大国が参加しているので、日本 の農業についての戦略を、国家とし
て明確にしていく必要があると感じます。単に安いからという理由で、農業を壊
滅させてもいいのでしょうか。 例えば、ある試算では、オーストラリアとの
EPAだけでも、道内の小麦、乳製品、牛肉、砂糖の4品目関連で1兆3700
億円の生産が減るとい う結果がでています。これに米国が加わればどうなるで
しょうか。その影響については、コメや他の畑作物にも関連してくることになる
と思いま す。TPPの影響については、いまこそ真剣な議論と、国民に対する
情報公開が必要だと思います。国際ジャーナルでも、この問題については、わ
かりやすい報道が必要ではないでしょうか。実際のところ、TTPについての政
府内の見方は、二つに分かれているという感じです。農林水産省と 経済産業省
の試算は、大幅に食い違っています。これでは国民としても、なんともいえない
ところです。マスコミについても、冷静なデータ分析が 必要なときではないで
しょうか。そう思います。






国際ジャーナルに登場
本の紹介 「関西変身どころ」 | 国際通信社

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 実感するのは難しいけれど

私たちは子供の頃、「アフリカの子供たちは食べたくても食べられなくて死んでいくのに、こんなに残して!食べ物を粗末にするんじゃない」とよく怒られました。それから30年くらい経っても、全く状況は変わっていません。内戦やエイズ、世界的な食糧高騰によって、後進国の子供たちが毎日2万5千人くらい死んでいきます。毎日毎日。一方で日本の子供たちのほとんどが、好き嫌いや食べ残しを怒られながらも一日三食を食べ、おやつも食べて成長しています。病気や事故で死ぬことはあっても、飢えで死ぬことは滅多にありません。ネグレクトなどの児童虐待の一つとして飢えで死んでいく子供はいるけれど。。
国連のWFP(国連世界食糧計画)が進める、学校給食プログラムは、学校給食によって子供たちを飢餓から救う活動です。現代画報10月号にあるように、この活動が飢えに苦しむ子供たちの命綱になっている地域は少なくありません。そして日本はWFPの主要な援助国として資金提供を続けています。今ここに余っているご飯を飢えている子供に与えられたらいいのにと思いますよね。。お金が一番なんだろうけど。
豊かさの中で育ってきた私たちにとって、飢え死にすることは想像すらできません。それでも、苦しんでいる人々が居るということを心に刻みながら、大切に食事をしたいと思います。



報道ニッポン | 報道通信社 | 報道ニッポンの投稿サイト
気ままな現代通信
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
ショッピング
プロフィール

o8o9

Author:o8o9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。