スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 就活を支援する塾が学生に評判?!

就職戦線が冷え切っているのは、再々ニュースなどでも報じられていますが、見出しに「35歳の年収は、10年前より200万円下がった」と付けられている2009年12月に発売された書籍『”35歳” を救え』(阪急コミュニケーションズ
刊)が学生、若年層に大きな衝撃を与えていると言います。書籍等にありがちな極端な事例の一端を捉えてセンセーショナルに煽っているのかもしれませんが、このデフレの進行が止まらなければ一般的なことになってしまうかもと思わせる現状です。今の学生は団塊の世代以上に厳しい世間の波に揺さぶられています。団塊の世代は、競争は厳しかったが、まだ高度成長時代を享受できただけ、今の学生よりは現時点では幸せと言えるかもしれません。
さて、就職氷河時代にチャッカリと言って良いのか、目先が効くと言うのか、底堅いニーズが以前からもあったのか就職を支援する有料の塾が学生達に人気で盛況のようです。大学の就職支援では不十分なのか企業に好印象を与える自己アピールの方法をレクチャーしてくれるそうです。この塾によると内定が取れている学生は「主体的に考え、行動できる」という。従って、この塾はこの点をアピールする方法を個々の学生に合わせて指導してくれると言う。取り立てて、目新しいことでなく昔から言われてきたことであるが、今の学生には、そのアピール力が無いということなのでしょう。学生の本質が変わっていないのに面接テクニックで企業が騙されて採用するとなると、企業側でも、就職テクニックのみに長けた学生を排除するテクニックが必要となってきます。企業相手の塾がこの次は人気になるのかもしれません。




大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
ponyo.cute.bz
月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年11月号のご案内 | 現代画報社
スポンサーサイト

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル AKB48卒業

AKB48のファンの方は、かわいらしい魅力と最年少ということで注目されていた奥真奈美さんがグループを脱退することをご存知でしょうか?脱退については、奥さんんお公式ブログで2月21日付で発表されましたが、なんと10歳でAKBに入ったため、本人が今まで経験することの出来なかった学生としての生活への憧れの気持ちが大きくなり、段々と、何が本当にしたいのか?わからない毎日を過ごす事が嫌で仕方がありませんでしたと話しているそう。スタッフと何度も相談し結果進学のために卒業することになったのだとか。

国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
ますだの現代画報
報道ニッポンを発行する報道通信社の雑感

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 野田衆院議員、結婚!

野田聖子衆院議員といえば、最近体外受精で妊娠し、1月に男の子を出産されたことでも騒がれていましたよね。そんな野田衆院議員、「事実婚」の関係にあった男性と婚姻届を提出したと、野田聖子衆院議員自身のブログで公表したのだとか。なんでも、男性のほうが子供の戸籍上の父親になりたいと、自分の名字を改姓して、野田の姓になったのだそう。女としての幸せ絶頂期の野田聖子衆院議員、子供のためにも国のためにがんばってくれそうな予感ですね。

国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
占いジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナルからの飛躍

月刊誌・現代画報 100円ショップ社長が死亡

100円ショップを全国展開する「キャンドゥ」。私も実際によく利用する店
なのですが、「キャンドゥ」の社長が東京・港区の自宅マンションで死亡している
のが見つかったそうです。しかも、死後2週間ほどたっているとみられている
ようです。新聞記事に載っていました。
私の家の近所にこの「キャンドゥ」があるので、頻繁に利用します。
平日でありながらも多くの人が利用している店です。品数が多く、見ているだけでも
楽しくなってきます。
どうして自宅で亡くなっていたのか詳しくは分からないのですが、死後2週間たって
いる・・・ということに驚きました。誰も気づかなかったのでしょうか。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
怪しいものにきをつけろ!! okiの現代画報
報道通信社・報道ニッポンで知るチーム・マイナス6%

月刊誌・現代画報 そごう八王子店閉鎖

世の中の不景気を肌身で感じるのって、親しんでいたデパートやショップ、スーパーなどの名前が変わったり、潰れてしまったりしたときではないでしょうか?なんでも、そごう八王子店も2012年度中に閉鎖となることが2月23日に決まったのだとか。慣れ親しんでいた方にはさびしいでしょうが、消費不況や都心のデパートに客を奪われ、赤字続きだったそう。それなら仕方がないといえば、仕方がないですよね~。次はどこのデパートが消えちゃうんでしょうか。

国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年6月号のご案内
じゃーなるの国際ブログ

月刊国際ジャーナル 渡部陽一戦場復帰?!

月刊国際ジャーナル 中村勘太郎に第1子誕生

歌舞伎俳優の中村勘太郎さんと奥さんで女優の前田愛さんの間に、2月22日の午後4時40分に、男の子が誕生されたそうです。第1子となるこの男の子、きっと二人の目の中に入れても痛くないほど、かわいく思われているのではないでしょうか。二人連名で「初めて人の親となった事の喜びと共に、責任を実感している。未熟な私たちですが、今後ともご指導くださいますようお願いいたします」と事務所が喜びのコメントを発表しているようですよ。

現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
ニッポンの夜明け
国際ジャーナル|報道ニッポン|現代画報

月刊国際ジャーナル ノルウェイの森フィーバー

村上春樹さんファンの人でもそうでない人でも、一度は耳に入れたり書店で見たり、また実際に読んだことのある人が多いと思われる「ノルウェイの森」。この「ノルウェイの森」が俳優の松山ケンイチさんと、菊地凛子などで映画化されましたが、その映画化の成果原作となる「ノルウェイの森」の文庫上巻が、1月24日付オリコンの本のランキングでミリオンを突破したそうです!累積実売は、なんと101.2万部だそうで、村上春樹さんもお財布がゆるんじゃいそうですよね。いいなあ、印税!しかも、「ノルウェイの森」の下巻も好調な売れ行きだそうで、文庫部門8位、累積実売は86.5万部だそうですよ。去年の2月には、イスラエル最高文学賞「エルサレム賞」を受賞したことで売り上げが伸び、また「ノルウェイの森」が実写で映画化されることが決まった時にも売り上げが伸びていたそうですが、映画公開でまたまたグーンと伸びたようですね。一応ストーリーとしては、1969年の日本で、ワタナベという大学生の男の人が、彼の親友で自殺したキズキの恋人、直子、それから同じ学部の緑たちとの交流によって起こる喪失感から再生までを描いた純愛小説なのだとか。賛否両論のこの作品は、世界的に見てもベストセラーな小説ですし、映画はフランスやベトナムなど、世界50の国と地域でも公開される予定とありますから、押さえておきたいですよね。

国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
opem-press.org | 報道ニッポン | 報道通信社
報道ニッポンの誓い 報道通信社

現代画報月刊 かなりの効果

北海道日本ハムファイターズのドラフト1位は、全国的にも有名になった
斎藤佑樹投手です。
斎藤投手が練習をする際には多くの人が見学に来て賑わい、そしてテレビ
カメラが何台も並ぶ・・・という状況になっているようですね。
斎藤投手の人気で、日本ハム球団の二軍本拠地「鎌ヶ谷スタジアム」と
「勇翔寮」がある千葉県鎌ヶ谷市は一躍、全国的に有名になったという
ことなのです。

民間の調査機関などは今月だけで約6万人が訪れて、億単位もの経済効果が
あると試算されているのです。
鎌ヶ谷市は梨の産地として知られる人口約10万8000人が住んでいる町だ
そうです。
斎藤投手が鎌ヶ谷市に入ったとたん、今までの状況とはすっかり変わってしまった
そうです。球場の来場者は1月18日までに2万人を突破したそうです。
スタジアムがファンや報道陣でこれだけにぎわうというのは初めてだと球団側も
驚いているそうです。

今からかなり騒がれている様子で、斎藤投手ご本人はどう思っているのでしょうか。
練習などのさまだけにならなければよいのですが・・・。
ただ、「ひと目見たい」と思うファンの気持ちも私には理解できます。
あまり邪魔にならない程度に応援する必要があるかもしれませんね。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
opem-press.net | 現代画報 | 現代画報社
報道ニッポンを発見

現代画報月刊 古本の誘惑

今年は年始めからちょっとした時間の隙間に読書をしています。特に元旦はおせちをつまみつつ酒を飲みつつ、ハードカバーの分厚い本を一気に読みきりました。やーそれはもう至福の時でしたよ。普段はここまで集中して読めないから、どっぷりと本の世界にはまりました。本から得られる幸福感って、良いものですよね。映画とか美術鑑賞と違って、読書で体験する感覚は「経験」に似ているんだと思います。それは「読む」という行為が能動だからなのでしょう。自分で作り出しているわけではないし、実際に体験しているわけではない、でも、読まなければ物語は一ミリも進まない、そこに経験という錯覚があり、充実が生まれるのかもしれません。
更に引き込まれるのは、古本の世界。今流行りの大型古書センターみたいなところではなくて、古本屋、古書店は本当に魅力的ですよね。報道ニッポンに「古書店──探求心と好奇心が満たされる空間」という記事が載ってますが、ホント、古書店のあの洞窟に入っていくようなワクワク感は堪らないですよね。10月に神田古本まつりへ行ったときは楽しかった。。子連れでなければもっと・・でも、子どもたちが最近読書にはまり出したのです(親が本にかじりついている影響?)次回は案外楽しめるかも?



現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル 国際通信社発刊
あゆみの取材で・・報道通信社

現代画報月刊 外国人の雇用拡大中

日本で就職を希望している外国人の方にとって、どうやら嬉しい動きが出てきたようです。なんでも、大手の電機メーカー各社が、新卒採用で外国人の比率を高めているのだとか。というのも最近、中国やインドなどが経済的に急速に発展してきていることで、アジアの人材を確保したいと思い始めたようですね。たとえば大手中の大手、ソニーは、日本の新卒採用に占める外国人の割合を2012年春には3割、約70人程度にまで伸ばす方針だそうです。ちなみに、外国人比率は2010年は4%、2011年は14%だったそうですから、かなり大きく増やすようですね。今までは中国やインドの理工系大学で学生のスカウトをしてきたそうですが、今後はベトナムやインドネシアなどでも行って、幹部候補生を確保しようとしているようです。また、NECも12年春の採用から、新卒者に占める外国人の比率を10%に高めるそうで、これはもとの2倍なのだとか。日立製作所も12年春に外国人の新卒採用を11年度の2倍以上となる70人まで増やす方針だそうですよ。パナソニックはすでに国内の新卒採用において、国籍や男女の区別をなくしているそうで、実力本位の採用なのだとか。日本の学生も、ボケボケしてられませんねえ。

国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報 料金と価値 現代画報社
国際ジャーナル批評

月刊報道ニッポン 身土不二

 ストレスの多い現代、食生活も、何かと見直されていることが多いですね。
戦後、肉食中心の欧米スタイルの食生活が輸入され、それが生活習慣病、肥満な
どにに悪影響を及ぼしていること言うことはもはやよく知られているところです
ね。

 最近では、本家の欧米などがその食生活を見直そうとしているようです。

現代画報」の記事にあった「マクロビオティック」もその一つ。

 語源はギリシャ語で、各国で研究されている食事療法ですが、日本では桜沢如
一が日本古来の食事法に基づいて考案されたものがはじまりで、欧米でも広く支
持されています。

 日本のマクロビオティックには陰陽道の思想や、身土不二(体と住んでいる土
地とは切り離せない)という考え方がかかわっています。
 玄米の主食を中心に、副食は野菜や漬物、乾物など、という、われわれ日本人
がごく基本的に取り入れてきた食のスタイルです。

 現在、日本のマクロビオティックシェフで最も有名なのは久司道夫氏。米国人
の健康をマクロビによって向上させた功績を称えて、なんとスミソニアン博物館
(アメリカ歴史博物館)に殿堂入りが許されているのです。

 アメリカのシンガー、マドンナの息子のアレルギー体質を治した専属のマクロ
ビオティックシェフは日本人女性というのもとても有名な話ですね。





国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
dragon.bex.jp
経済情報誌 報道ニッポン 2009年3月号のご案内 | 報道通信社

月刊報道ニッポン 花を育てる

現代画報」に「ベランダガーデニングを始めよう」という記事がありました。

 去年の夏ごろ、何か植物を育ててみたい、と思い、夏ももう半ば頃だったので
すが、朝顔の種を買ってきました。

 朝顔って雑草みたいなもので、ほとんど手間もいらずに育っていきます。
 あっという間に芽が出て葉が出て、どんどん伸びていって、花が次々咲いて行
きました。

 秋になっても次々に蕾が出来、なかなか寒くならなかったせいで、ちょっと気
恥ずかしくなるくらい咲いてました。咲いてくれていると、引っこ抜くのもかわ
いそうだし。

 しかし11月の半ばくらいに寒波がやってきて、やっと蕾をつけるのをやめた
ようです。
 健気に咲いてくれて、本当にご苦労様でした。

 一度花を育てると、次も育てたくなりますね。最近はホームセンターなどで冬
でも育てられる花が苗で売ってますから、種から発芽させる手間もないですね。
今回はビオラを1株だけ買ってきました。たくさん増える、と書いてあったので


 鉢に植える時にうまく植えなかったのか、ちょっと元気がなかったのですが、
それでも何とか花をわずかずつつけてくれていたのですが…。
 急な冷え込みで元気がなくなってきています。

 朝顔の時が楽だったので、ちょっと手を抜いてしまったのかな。もっときちん
と世話をし、しっかり花を咲かせてやろうと思っています。
 
 




21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
経済情報誌 報道ニッポン 2008年11月号のご案内 | 報道通信社
tigers.ebb.jp

月刊報道ニッポン 聖ヴァレンティヌスの殉教

年が明けて1、2、3月というのは行く、逃げる、去る
などと語呂合わせで言われるくらい、あっという間に時が経っていきます。

 うかうかすると、「もうバレンタインデー?」なんてことになりますね。

 バレンタインデーにチョコレートを贈るという習慣は日本だけのようですが、
このバレンタインデー、もともとは聖ヴァレンティヌスという聖人が殉教した日
が2月14日だったことに由来します。


 当時のローマ皇帝、クラウディウス2世は戦士の士気が下がることを懸念し、兵
士たちの結婚を禁止してしまいました。

 ヴァレンティヌスはこれに背き、恋人たちに結婚式をあげさせたため、捕まっ
てしまいます。

 監獄に入れられましたが、そこの目が見えない看守の娘が、彼のもとを度々訪
れ、説教を聞いていると、目が見えるようになりました。

 この奇跡に感じ入った彼女の家族がキリスト教に転向したことに怒った皇帝に
よって、彼は処刑されてしまいます。

 処刑の前日にヴァレンティヌスは娘に宛てた手紙を書きましたが、それには「
あなたのヴァレンタインより」と署名されていたそうです。

 こうして、ヴァレンティヌスは恋人達の守護聖人とされ、殉教した日がバレン
タインデーと呼ばれるようになりました。

現代画報」にも、聖ヴァレンタインの伝説についての記事がありました。

 さて皆様、告白の準備は進んでいますか?





国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
飛躍!報道通信社の日記
現代プレス | 現代画報 国際ジャーナル 報道ニッポン

国際ジャーナル月刊誌 うつ病。

 うつ病患者がどんどんふえているそうです。不況などの社会問題も多々影響しているのでしょうが、普通の気分のむらも病気ではないかと心配してしまう人も増えているそうです。
 かくいう私もうつ経験者で、一時は自殺を考え、毎日涙が止まらない時期がありました。生れてきたことを恨み、生きていることに全く意味が見出せず、毎日死にたいと口にしていました。今思うとどれだけ周りの人に迷惑をかけていたのかと申し訳ない気持ちでいっぱいになります。そして生きていて良かったと思います。友人にもうつを患っている人が多く、話を聞く機会も多いのですが、やはりやっかいな病だと思います。安易な投薬を懸念する声も上がっているようですが、薬によって楽になれた私からすると、必要なものだとも思います。そして周りの人が根気よく話を聞いてあげて、共感してあげることが何より大きいと思います。死にたいと何度も口にする場合などは話しを聞いている方も疲れてしまいますが、死にたいは生きたいなのです。幸せになりたい、楽になりたい、その気持ちが死にたいという言葉で表現されてしまいます。
 未来が明るいとは言いがたいこの世の中。それでも生きていれば良いこともあるはず。そう思えるまで真摯に彼らと向き合っていきたいと思います。

現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
マッサージ 大阪
国際ジャーナルの飛躍

国際ジャーナル月刊誌 無くなって気づく

国際ジャーナルにコンビニ戦争第2ピリオド突入という特集が載ってましたが、確かに、不況の波はコンビニ業界を荒らしているなあと思います。昨年末にファミマがampmを買収したことで、業界内のパワーバランスが変わるだろうし。というか、そもそも物が売れないのに値引きしないコンビニが生き残るのっておかしい気がしますよね。ハッキリ言って、節約主婦はコン
ビニはあんまり使いませんよ。例えば500mlのジュース。コンビニで買うと147円、スーパーの特売コーナーで買ったら98円から88円くらいで買えます。1.5Lジュースなんかもっと安い。500一本の値段で買えちゃいます。
それでも時々利用するのは、便利だから。その一言に尽きます。わざわざ銀行に行かなくてもATMがあるから便利、本屋に行かなくても雑誌が買えて便利、店が閉まってる時間に開いてるから便利。不便なところにあるという立地条件だけではもう客は食いついてくれないかもしれません。その証拠に、あちこちでコンビニが潰れまくってますからね。まあ 一本の通りの左右にセブンイレブンとファミマとサークルKが200mとおかずに並んでるという状況もおかしかったんですが。
でも普段は使わないけど、どうしても他まで行けない時に重宝していたコンビニがある日突然閉めてしまうと、結構ショックです。たぶん閉める1ヶ月前くらいから告知していたんでしょうけど、普段使わないから貼り紙に気づかずってヤツですよ。無くなって気づく便利さ。人間ていうのは勝手な生き物ですねえ。





国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
仁の取材 報道通信社ブログ
国際ジャーナルを求めて 国際通信社

国際ジャーナル現代画報報道ニッポン 貧困層の救済について考える

日本においては、景気の回復もすぐには望めないかもしれません。国際ジャーナル
などのマスコミにとっては、景気回復の遅れを政府のせいにしておけばいいの
かもしれませんが、もう少し、本質的な議論が望まれるのではないかと思いま
す。例えば、貧困層の救済をどうするのか、というテーマがあります。そもそ
も、「貧困層」というのは、どのような定義になるのでしょうか。生活に窮する
人に対して、その原因が自己責任なのか、それとも社会的に救済するべきなの
か、その区別が必要であると思います。まずは基準を規定する必要があるはずで
す。貧困層と呼ばれる人たちのなかには、携帯に毎月1万円以上払い続け、パチ
ンコなどのギャンブルにおぼれる人がいるのも事実です。この人たちは「貧困
層」なのでしょうか?公的に援助するにしても、評価が分かれるところだと思い
ます。たとえば、プロゴルファーやテニス選手を見ても、同世代と遊ぶ時間を
削って幼少期から相当の努力をして成功した方が大多数います。その努力がなく
て単に援助を受けるのは甘えなのかもしれません。自己責任というフレーズも小
泉政権の時代にはよく使われていましたが、今一度、原点から考え直すべきかも
しれません。







国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道ニッポンを発行する報道通信社の雑感
国際ジャーナルで読み解く

国際ジャーナル現代画報報道ニッポン 不況のご時世、年間10万家計の節約方法は・・・

先日テレビ番組で、年間10万節約する方法を特集していました。



・公共料金はクレジットカード払いに

・保険料は月払いから年払いに

・光熱費のこまめな節約

・食費カレンダーを作る

・携帯は月1回3分



公共料金の支払い額は、年間にするとかなりの金額になります。

これをクレジットカード払いにしてポイントを獲得し節約に繋げる。

電気・ガス・水道で月平均3万の支払いがあれば、年間36万。

1000円で1ポイントつけば360ポイントがつくので、

これを商品券とかに変えるといったところですね。

カード払いが対象でない市町村もありますが、

国民年金・自動車税・固定資産税もカード払いができますし、

病院代にタクシー代と、どんどん増やすことで、

ものすごいポイント数を獲得。



私は、すでにカード払い専門者。

電子マネーもクレジットで購入しているので、

さらにポイントが倍にもなります。

クレジットカードは不安のある方もいますが、

今のご時世、使わなければ損だと思っています♪



保険料。

会社によっては年払いの方が、いく分安くなるという部分を利用し

ここでも節約ができます。



光熱費。

フローリングの掃除機掛けは“弱”で行う。

野菜の下ごしらえは、レンジで行う。

煮物を作る際は“落としぶた”を利用する。

風呂水で洗濯をする。

毎日のコツコツとした積み重ねから、節約を生まれるという基本ですね。



食費カレンダー。

買い物に行く周辺のスーパーの特売日や割引日をチェック。

また、ポイントアップディーも、当然チェックしましょうね。

お住まいの地域事情にもよりますが、これを気にしながら買い物をする事で

かなりの節約に繋がるようです。

なかなかという方は、大きな買い物は5%引きの日にする!

と決めるだけでも違うかもしれませんよ!



携帯は月1回3分とは、月の電話代を3分以内にという訳ではありません。

使わないのであれば、もっと言うのであれば、携帯を持たないのが一番ですが(笑)

月に1度は、契約している携帯会社に電話をし、お勧めの契約方法を相談しましょう!


ということです。

相談電話はフリーダイヤルで無料ですので、わかりずらく、日々色んなスタイルが

導入されるい携帯の契約方法ですので、より自身の使い方にあって、なおかつ

節約できる方法を探さないと損ですよ!ということですね。



このような努力の末・・・

4人家族で考えると・・・

年間で10万近くの節約に繋がる!らしいです。



まぁ、すでにやっている事も多かった気もしますが、良い勉強にはなりました♪

国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報|現代画報社|国際通信社グループ 国際ジャーナル 報道ニッポン
国際ジャーナルの詐欺に関する記事

国際ジャーナル現代画報報道ニッポン 動物園で65匹の動物が凍死

メキシコ北部チワワ州の動物園が異常な寒波に見舞われたそうです。
この寒波の影響を受けてしまった残念な記事を目にしました。
動物園内で飼育していたサルやオウム、ワニなど65匹が一晩で
死んでしまったそうなのです。動物園の園長が明らかにしたようです。
極度の寒さで園内の電気系統がダウンしてしまったそうで、暖房が効かなく
なってしまったようです。夜間警備員がガス暖房のスイッチを入れたのですが、
ガス供給管が凍結していたことに気づかなかったということなのです。
おそらくどこの国でも「動物園」というのは多くの人に愛される場所だと
思うのです。そんな場所で気候が原因でたくさんの命が失われてしまったかと
思うと、非常につらいですね。動物園側も非常につらい思いをされているのでは
ないでしょうか。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
経済情報誌 報道ニッポン 2008年11月号のご案内 | 報道通信社
seoseo.geo.jp

国際ジャーナル現代画報報道ニッポン 話題の赤ちゃんメークって。。

今、若者の間で流行しているメイクは「赤ちゃんメイク」



ポップティーンのモデルの菅野結似ちゃんが、赤ちゃんメークをしたことで人気になったそうです。

目をパッチリメークで、決め手は頬にあてる“チーク!



頬にピンク色のチークをつける!

それが赤ちゃんメークの基本!



赤ちゃんメークをすると、服装も白っぽいものや、フワフワした感じの物を選びたくなる。

中には、赤ちゃんメークをする事で・・・



“電車の中で座席を譲れたり、なんか優しくなれる♪”



なんてコメントしていた女の子がいました。

たしかに、恰好で性格が変わる事もあるかもしれませんね~



可愛い服装ならば、可愛らしく振舞いたい。。

かっこういい服装ならば、かっこう良く振舞いたい。。



人間の心理にも、関係するのでしょうか・・・(笑)



最近の若者メークの中では、私としては赤ちゃんメークは好感度良し♪

少し上の年代で、スッピンメークは流行っていたので、その若者版が赤ちゃんメークかなって思ってます。



若者がメークをするのが、もう普通な時代ですので、何とも言いませんが、

化粧をしないと外に出れないとかは、辞めて欲しいですね~

素顔が一番可愛いし、素敵なのが10代・・・

普段の素顔があってこそ、休日の化粧を楽しむ。

そんな楽しみ方をして欲しいと思いますが(笑)



とにかく!!!



お肌だけは大事にしないと、後で泣く事になってしまいますよ・・・

国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
shopping.coresv.com
経済情報誌 報道ニッポン 2008年10月号のご案内 | 報道通信社

国際ジャーナル現代画報報道ニッポン アブラムシの予想

ある新聞に載っていた記事なのですが、積雪予想がアブラムシにもできる・・・
という内容の記事が載っていました。
仙台市の「富沢遺跡保存館」というところで、2万年前の植生を再現した
屋外自然観察私設「氷河期の森」で、害虫のアブラムシを駆除せずにその卵
の位置と積雪の深さの関係を調べているそうなのです。
蟷螂が積雪よりも高い位置に卵を産み付けるという俗説は有名なのですが、
保存館職員によると、昨冬からの調査でアブラムシにも同じ傾向がありそうだ
というのです。

アブラムシの卵の位置ですが、昨冬が高さ1メートル10センチ前後、そして
今冬は60センチ前後だといいます。「氷河期の森」の積雪は最も深いときで
昨冬は25センチだったのに対して、今冬は1月9日と1月15日の1センチ
前後にとどまっていて、卵の高さと積雪の関係は今のところ、カマキリの俗説
とおりになっているようです。

自然の生き物の状況から気候が分かる・・・というのは面白いですね。
私たちは当たり前のように天気予報で積雪量の情報やその日の天候などを
確認すると思うのですが、自然で生きる生き物たちの行動というのは、実は
正直なところがあるのかもしれませんね。今後、アブラムシの卵の状況が
どのようなことになるのか楽しみですね。ただ、私はアブラムシ自体を見たい
とは思いませんが・・・。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
評判の取材先に行く国際ジャーナル
国際ジャーナル インターネットクチコミは詐欺?クチコミの判断法

国際通信社 月刊 中国、次はトップガンを利用

中国、今度はトップガンの映像を無断で使用しました。



使用したのは中国国営の中国中央テレビ、通称CCTVです。

使用したのが発覚した直後に、その問題の映像をサイトから削除は

したそうですが、もう、怒るどころか笑ってしまいました。



中国は四川省の遊園地、ガンダムのパクリと噂された巨大ロボット立像に

修正を加えた後、これはガンダムではないと言い、再公開をはじめたばかり。



今回、問題視されたのは、もちろんハリウッド映画のトップガンで、

使われたのは、映画中の航空戦闘シーン。

これを人民解放軍の軍演習として放映した映像の中で使ったそうです。



もう世界中から「パクリの中国」、と呼ばれる日も遠くはないでしょう・・・

そして、企業は中国の人にだけは情報を流したくない、と思うのではないでしょう
か。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年3月号のご案内 | 現代画報社
iceland.bex.jp

国際通信社 月刊 20代~30代が多い

新聞に載っていた記事なのですが、国立感染症研究所が2月4日に、全国約5000
医療機関を対象にしたインフルエンザの定点調査で、最新の1週間の1医療機関当たり
の新規患者数が31.88人となり、警報レベルの30人を超えたと発表しました。
全国の推定患者数は、約176万人ということなのです。そして、新型インフルエンザ
が8割以上という数字も出ていました。新型インフルエンザに関しては、以前に雑誌
現代画報」にも載っていたように記憶しています。今季は特に、昨季には少なかった
20代~30代の年齢層に感染が目立っているようです。
もちろん、子どもにも感染していると思うのですが、今後も引き続き予防対策を
しっかり行わなくてはなりませんね。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道ニッポン | 報道通信社 | 詐欺に騙されやすい人とは
報道通信社の取材

国際通信社 月刊 東京モノレールが停止

朝からテレビでも取り上げられていたニュースが東京モノレールに関するニュース
でした。この東京モノレールは、羽田空港と東京都心を結ぶものだそうですが、
これが2月4日の午前に2時間にわたって止まってしまったそうです。
蒸し暑い車内に閉じこめられて予定の飛行機に乗れなかった人や受験や就職活動
で上京した人など、多くの乗客が混乱に巻き込まれたといいます。
新聞取材のインタビューに答えていた人は、予定が大幅に狂ったことで不満を
言っている人もいました。そしてイライラしている人もいたそうです。
大変な状況だったようですね。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルの取材記事を読んで 朝ごはんを考え直そう
報道ニッポンで楽しむ

国際通信社 月刊 八百長疑惑

先日、朝からテレビでは、ある話題が大きく取り上げられていました。
それは、大相撲の力士の携帯電話に八百長厚意に関与していたとみられる
メール記録が残されていたというのです。
日本相撲協会の理事長が2月2日に緊急会見を開きました。その様子は
ニュース番組でも取り上げられていました。
相撲界は、昨年から様々な出来事があって厳しい状況だったのではない
でしょうか。それでも根強いファンの人たちは多いのです。
ファンの人たちを裏切らないような行動をとっていただきたいですね。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社の取材で・・
報道通信社.com | 報道ニッポン | 国際通信社グループ (国際ジャーナル 現代画報)

国際通信社 月刊 アトピー薬の塗り方が重要

ある新聞にはここ数日間、連続で「かゆみの治療」というタイトルで記事が載っています。
様々な病からくる体のかゆみ・・・かなり辛いものです。

ある日の新聞で「アトピー性皮膚炎」にかゆみに関する記事が載っていました。
アトピー性皮膚炎で悩む人は多いと思います。自分の子供がアトピーからくるかゆみや湿疹で辛い
日々を送っている人も多いでしょう。

アトピー性皮膚炎に処方される薬の中に「ステロイド薬」というものがあります。
ある大学の皮膚科教授が、ステロイド薬を使って塗り方を実演したそうです。対象は、アトピー性
皮膚炎の患者、またその家族です。
「こぶし大の広さには、薬は米粒1個くらい。ちょんちょんと皮膚にのせてちょっと延ばす」と説明
しました。また「間違った例」として、ゴシゴシと擦り込むように塗って見せると、覚えがあるのか
患者や家族からは「あっ」という笑い声が上がりました。

アトピー性皮膚炎は、アレルギーなどが原因で強いかゆみを伴う炎症が起きます。治療の基本はステ
ロイドの塗り薬ですが「塗っているのに良くならない」と訴える患者も多いといいます。

皮膚科教授の話によると、そういった患者では、皮膚の炎症が治まっていないのに自己判断で治療を
中止したり、薬の塗り方に問題があったりする例が多いそうです。ゴシゴシ擦り込むと薄くなり、十
分な量の薬が行き渡らないそうです。

ステロイドと聞くと「怖い」と思う人が多いと聞きます。信頼できる皮膚科、アレルギー科を見つけ、
初回の診療では、薬の説明や塗り方の説明に時間をかけてもらうのが一番いいと思います。国際通信
社から発行されている雑誌にも様々な内容で「医療」に関する記事が載っていますが、まずは心から
信頼できる医師を見つける事が大切かもしれません。



国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報 紀行
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際派な人々

国際通信社 月刊 バレンタインデー

国際通信社から発行されている雑誌には、世間が賑わう様々なイベント
の内容が様々な角度から取り上げられていると思います。
2月に入ると世間で賑わうのが「バレンタインデー」ではないでしょうか。
今年のバレンタインデーは月曜日です。昨年は日曜日、一昨年は土曜日
でした。3年ぶりの平日となります。
仕事をされている女性は、同僚や上司の方などの「義理チョコ」を渡す
という機会が増えるのではないでしょうか。
最近では「友チョコ」といって、男性にチョコレートをプレゼントする
だけではなく、女性の友人にチョコレートをプレゼントするケースも
増えてきているようですね。
みなさんは今年、どのような意味を込めてチョコレートを渡しますか?


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
占いジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナルからの飛躍
ショッピング
プロフィール

o8o9

Author:o8o9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。