スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 子供が欲しくない親。イタリア版

日本では、結婚をしない若者が増加し、結婚しても、子供を欲しがらない親が増えています。イタリアでは、子どもが欲しくない理由に「こどもにいつまでも脛をかじられる」があるそうです。イタリアの裁判所で、子どもの年齢は32歳。しかし、いまだに大学に在籍し職に就いていない無職の女性が父親を相手取って起こした養育費支払い請求を正当なものと判断し、月350ユーロ(約4万3千円)の支払いとこれまでの未支払い分の一括支払いを命じた判決があったそうです。イタリアでは、法律上の親の養育義務規定が曖昧で、伝統的な「家族主義」に責任を負わせる面が強いので、このような判決が出ているようです。
但し、ケースによっては、似たような場合でも裁判官の判断で子どもの要求が通らない判決もでているそうですが、最悪は、いつまでも親は自立しない子どもの面倒を見る必要があります。日本では、未成年者に対しては親の扶養義務があり、離婚などをした場合は 養育費として大学卒業までは支払うような義務も課せられてはいるようです。しかし、原則、こどもに障害があって自立が必要な場合などを除けば、道義的には別にして、法的にはそれ以上の面倒は見る必要がないので、イタリアのような最悪な状態は避けられそうです。最近の日本の現状を見ていると、イタリアでなくて良かったと言えそうです。




大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルとの巡り合い
ベンチャージャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
スポンサーサイト

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 流血が続く中東情勢を憂う

中東のリビア騒乱ですが、流血が続いています。今後の動静が気になります。
チュニジアとエジプトに政権崩壊をもたらした反政府デモは中東と北アフ リカ
に広がっています。各国で多数の死傷者が出ている厳しい状況です。中東で最も
厳しい独裁体制といわれるリビアですから、これからも予断を許さ ない状況に
なりそうです。これ以上市民の死者が増えないことを祈りたいと思います。これ
からも国際社会として、リビアの安定を望みたいところです ね。



21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報の飛躍
現代プレス・国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 昼寝は体に優しいようですね

現代画報 2011年3月号で、「あなたの身体は大丈夫!? 昼寝がもたらす効
果とは」、という記事を見つけました。

・ 以前、昼寝をすることは体にとってとても良く、会社では仮眠スペース
を取っているところ、

・ また、高校では午後に昼寝タイムを取っている場所があるとテレビで話
していました。

・ 昼寝に適した時間は15~30分ということで、昼寝を実践している高
校では、学力レベルがあがったとのこと。

・ 眠気を我慢するより、少しの時間でも体を休めることが、体力や能力
アップに繋がるようですね。






国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道ニッポンの飛躍
現代プレス・国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 予測不能な計画停電

以前、雑誌「現代画報」にも「震災」に関する記事が載っていました。
阪神大震災が起きた時、「計画停電」があったでしょうか。
海江田経済産業相は3月17日に、厳しい寒さによる電力需要の急増のために、
3月17日の夕方から夜にかけて予測不能な大規模停電が発生する恐れがあるとして、
一層の節電への協力を産業界と国民に求める緊急のコメントを発表しました。
あるテレビ番組で、「被災された人たちのつらさに比べたら、計画停電は大したことない」
という発言がありました。確かに、被災された人たちは本当に毎日厳しい生活を送っている
ことだと思います。ですが「予測不能」というのは、パニック状態になるのではないでしょうか。
いつ停電するのか分からないのでは、停電に備えての準備等ができません。
私の知人も、毎日困っています。
せめて、事前に連絡がほしいものですね。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際ジャーナルの投稿サイト
報道ニッポンとの巡り合い

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル ペットブームの陰で・・・

ここのところ「ペットブーム」といわれています。
ですが、「ペットブーム」に乗ってか悪質なことをする者もいるようです。
以前に報道されたのは「ペット葬儀社」のペットの死体を山林に捨てるという事件が
あったかと思います。報道を聞いて、私は怒りを覚えました。

そして先日の新聞に載っていたのは、障害を抱えた飼い犬が増えているということ
でした。
人気種は需要に応じるために近親間の交配を繰り返すなどするためだそうです。
これは正直言って、人間の勝手な行動だと思うのですが・・・。

新聞記事に載っていたのは、ある夫婦が飼っているダルメシアンの話でした。
このダルメシアンは耳が聞こえないのだそうです。ちょうど10年前に、生後1~2
か月の時にペットショップで購入した直後に障害に気づいたということです。
そばで掃除機をかけても全く反応しなかったそうなのです。

この夫婦は交換してもらうことも考えたそうです。が、保健所に引き渡されて殺される
かもしれない・・・と思い、飼いつづけることにしたということです。ダルメシアンには
手の動きを覚えさせて、パーは「待て」、そのまま手を下げると「お座り」、グーは「だめ」
、床をたたくとこちらを向く・・・といった状況のようです。

とても優しい夫婦の気持ちがあって、ダルメシアンは元気に育っているようです。
国際通信社から発行されている雑誌にも「動物」に関する記事が様々な内容で載っている
かと思うのですが、「商売」を先に考えて「命」に関することを考えていない人たちを
私は「無責任」とあえて言わせていただきたいと思います。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社「ゆるキャラ」は日本経済の救世主になり得るか?
続 国際通信社のブログ旅

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 多くの救助隊が被災地に到着

3月11日に、大きな地震が起こりました。
こうしている今も行方不明の人がいます。1日も早い救出が求められている
のではないかと思います。
そして、全国から警察や消防職員が駆けつけたり、外国からも救助隊が続々と
日本に到着して被災地に入っているそうです。
テレビでその様子を見ていると、とても嬉しいという気持ちになりました。
多くの人たちの手で、何としても救出してほしい・・・そう願ってなりません。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年2月号のご案内 | 現代画報社
dolce.cms.am

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル リサイクルの実行

国際ジャーナルに、「高まるリサイクル意識 あなたは実行できていますか」
という文言を見つけました。
リサイクルの必要性はずいぶん前から話題に上がり、法律の整備も進んできていましたが、
実際に日本全体がリサイクルに向かって足並みをそろえだしたのはここ数年のことのように思います。

容器包装リサイクル法や家電リサイクル法など、
私たちの生活に密着する法律が次々と整えられ、
それに各メーカーが対応することで、自然にリサイクルに関わることができるようになってきました。

法で決まっていることはもちろんのことですが、
法律で決められていないリサイクルを自主的に進めていくことが、
これからの私たちにとって大変重要になってくると思います。

私が日常的に実施しているリサイクルは、
空き缶のプルトップ、紙パック、ペットボトルの蓋等を収集し、
スーパーマーケットや各団体に送ることです。

とても小さなことではありますが、
一人一人がリサイクルの意識を持って、実際に行動することにより
大きな変化を生み出すと信じています。
頭では分かっていても、実行に移すことはなかなか大変なもので、
私もリサイクルを習慣づけることができてまだそれほど時間がたっていません。
以前はつい手間を惜しんでリサイクルできるものを捨ててしまったりしていました。

今後はますます限りある資源の重要性が高まってくることだと思います。
まだ他にもリサイクルできるのに捨ててしまっているものがないか、
日々の生活を見直してリサイクルを実行して行きたいと思います。

国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
雑誌取材で行く 国際通信社
報道ニッポン|報道通信社

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル グーグルの無料サービスについて

グーグルは、インターネットの検索サイトだけではなく、様々なサービスを提供
しています。そのグーグルのサービス提供は、一体どんな目的で行われているの
か、これは興味深いところです。国際ジャーナルなどの雑誌でも、グーグルの戦
略について分析してもらいたいところです。グーグルは、ほぼすべてのサービス
を無料で提供しています。これは一般のネットユーザーからは大歓迎の声がでて
います。しかしながら問題もないわけではありません。グーグルのサービスは、
そのサービスによって、利用者のプライバシー情報を蓄積しています。代表的な
サービスはメールサービスです。ですから、そのサービスに対して、全面的に信
用していないユーザーが存在するのも事実です。グーグルのセキュリティー管理
体制についても、先日中国におけるハッキングがありましたので、別の意味でも
話題になっています。また、マイクロソフトなど、他のIT企業との市場におけ
る競争もグーグルにとっては興味深いものがあります。これからのグーグル
が近い将来、何を目指していくのか、パソコンをあまり使っていない人でも、こ
の話題に対しては、興味を持ってみていくと、これからの情報化社会の行く先が
見えてくるかもしれません。







現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報への思い
opem-press.org | 国際ジャーナル | 国際通信社

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 動物にもたばこの影響が・・・

「動物」に関する記事は、国際通信社から発行されている雑誌にも様々な内容
で載っていると思います。
昨年の6月に和歌山市にある動物病院に1匹の猫が運び込まれたそうです。
数日間エサを全く食べないという理由からでした。猫の体からたばこのにおいが
したために副院長が理由を飼い主に聞いたところ、飼い主の自宅は美容院で
猫は灰皿を置いている待合室によく出入りしていたというのです。
飼い主の承諾を得て体を切開したそうです。腸に複数の見つけましたが、既に
手の施しようがなかったということです。検査で悪性リンパ腫と判明したのです。
人間が吸うたばこが、ペットの健康にも悪影響を与えるということですね。
家族の一員として飼っているペットの健康も考えてあげないといけませんね。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
占いジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナルからの飛躍

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル リビア情勢に憂慮する

緊迫する中東情勢ですが、反体制派への武力弾圧を続けるリビアの動向が気にな
るところです。このところの国際社会からの批判が一段と強くなってい ます
が、アメリカは在リビア大使館を閉鎖する事を決定しました。さらに最高指導者
カダフィ大佐らの資産凍結を盛り込んだ単独制裁を発動していま す。今後の影
響が気になるところです。国連安全保障理事会も制裁決議を行う予定と報道され
ています。これに対して、リビアのカダフィ大佐は首都ト リポリで徹底抗戦す
る構えを見せています。内戦が激化するのでしょうか。今後の反体制派との衝突
で犠牲者が増える事が心配されますね。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
keiba.bulog.jp
国際通信社グループ 国際ジャーナル 報道ニッポン 報道通信社

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 化学兵器への憂慮が高まるリビア情勢

民主化を求めるデモによって混乱が続くリビアですが、一部の報道機関からは国
内に備蓄されているマスタードガスが使用されるのではないかという報 道が起
きています。これはどうなのでしょうか。ちょっと不安にさせるニュースです。
マスタードガスはどのような武器かというと、皮膚をただれさせ る化学兵器の
一種です。マスタードガスの保管体制の安全性のほか、カダフィ大佐が国民に対
して、自らの保身のために使用することもあるのでしょう か。



国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
ジャーナルライフ
press-blog.org | 現代画報 | 現代画報社

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル ベトナムとの経済協力による日本の発展

最近はベトナムに対する新たな経済発展が期待されていますが、日本とベトナム
の連携強化を目指した「世界環境ビジネスフォーラムinベトナム」ハ ノイで
開催されたそうです。このフォーラムには両国から政府・企業関係者など、合計
で200人以上が参加しています。どのような成果がでたのか気 になるところで
す。日本とベトナムにおける技術や人材教育、資金などの協力体制が議題になっ
ており、両国間における包括的な協力関係の強化が求め られています。



国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報 クリックジャックという名の詐欺 現代画報社
国際通信社のネタ

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル NECの業績が示す日本の経済動向

最近のNECにはいろいろと動きがありますが、2011年3月期の業績予想が
下方修正になるというニュースがありました。最終利益は予想に比べて 150
億円減のゼロという事です。これはあまり調子が良くないという事でしょうか。
原因としては、企業による情報技術投資の先行きが不透明なこと に加えて、ス
マートフォンの投入遅れで携帯電話端末事業の売り上げが落ち込んだことがある
ようです。これからの立て直しを含めて、NECの動向に は注目してみたいと思い
ます。



国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道ニッポンを発見
国際ジャーナル/報道ニッポン/現代画報

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル これからのスマートフォンの主流になるか?

最近は携帯電話もスマートフォンへの移行が進んでいますが、そのスマートフォ
ンの購入予定者のうち約8割が米グーグルの基本ソフト(OS)「アン ドロイ
ド」搭載のモデルを買おうと考えているそうです。これは放送局などによるアン
ケートによってでた結果です。先行するアップルの 「iPhone(アイ
フォーン)」の約2割を大きく上回るという結果になっています。今後のスマー
トフォンの動向を考える上でも、これは興味深い 内容ではないかと思います。





国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
ペットジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナルで評論

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 転職理由は給料が安いから?!

人間だれしも同じ仕事をずっと続けていると、頭によぎるのが「転職」の2文字ではないでしょうか?昔は転職するときの大きな動機の一つが、キャリアアップやスキルアップだったようですが、マーケティングリサーチ会社のインテージによれば、なんと最近の転職理由で断トツトップが「給料が安いから」という理由だそう。このアンケートは800人を対象にした調査だそうで、転職を考えている人は42.1%で、「今のところ転職をするつもりはない」と考えている人は49.4%ということで、不景気のせいもあってか、保守的な考え方の人のほうが多いようですね。

「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
ぱんだの国際ジャーナル
報道ニッポン―草花からのシグナル・報道通信社

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 日本の経済における石油価格の影響を懸念する

このところ中東の政治状況が急変しています。その影響によって中東情勢の緊迫
で原油が急騰しています。この影響により、日本経済への悪影響が懸念 されて
います。昨年から続く政局の混迷で日本国債に対する市場の信頼も危なくなって
います。与野党が目先の駆け引きで混迷を続ける中で、世界の政 治経済は大き
く動いています。これから、日本はその荒波をまともに受けざるを得ないのかも
しれません。今こそ、日本の将来を見据えた戦略が必要に なります。



21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルの取材で・・
経済情報誌 報道ニッポン 2009年5月号のご案内
ショッピング
プロフィール

o8o9

Author:o8o9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。