スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 国際ジャーナル 報道通信社 国際通信社とは ヒマワリを使った放射能対策の実験

ヒマワリを使って、東京電力福島第一原子力発電所の事故で、周辺の農地から検
出されている放射性物質を取り除く方法が検討されています。ヒマワリ は、土
壌から放射性物質を吸収する性質が報告されていますので、その効果について試
験栽培によって確かめる事になっています。農林水産省では、将 来農業を再開
するために、土壌の放射性物質を取り除く方法にになるかどうかを評価したうえ
で、効果があるとすれば本格的に展開する事になりそうで す。



国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルから学んだ
mio.weblog.vc
スポンサーサイト

電話で取材 国際ジャーナル ものづくりの楽しさを子供たちにも・・・

新聞に載っていた記事なのですが、子供たちに「ものづくり」の楽しさを知って
もらおうと、東大阪市の精密板金加工会社が、小さな鉄板を組み立てて小物を
手作りするキットの商品を開発したそうです。サイコロやペンスタンド、そして
貯金箱の3種類があるそうで、子供たちからは人気を集めているそうです。
インターネットのショッピングサイトで販売を始めたところ、問い合わせが相次いだ
そうです。今後は難易度を上げたものを発売する予定だということです。
今、大変便利な世の中になっていますが、やはり「ものづくり」の素晴らしさは
いつの時代になっても引き継いでもらいたいものだと思いませんか?
人の手で作ったものが、どれだけ心がこもっているかなども知ってほしいですね。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
iceland.bex.jp
太陽光発電

ザヒューマンのテレビ取材 真央ちゃん、熱愛報道完全否定

日本のフィギュアスケートのアイドルといえば、浅田真央選手ですが、最近は高橋大輔選手との熱愛報道なんかがありましたよね~。そのことで5月23日、日テレ系の番組「ミヤネ屋」に生出演した真央ちゃん、高橋選手との熱愛報道について本人もびっくりしたと完全否定。しかも「ウソでも載せちゃっていいんだな~と思いました」とコメント。本当、ウソでも載せちゃうんですね~、読者が面白がりそうなら?!真実を載せないと、そのうち読者からも離れられてしまいそうですけどねえ。

国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道ニッポン 好きな雑誌/報道通信社
国際ジャーナルに登場

国際通信社 報道通信社 報道ニッポンとは 黄色い指導書

昨年に続いて、今年も飲酒運転事故が全国最悪となっているのが福岡県だそうです。
福岡県警が飲酒運転で摘発したドライバーに酒を提供した飲食店に黄色い指導書の
「イエローカード」を渡す取り組みを始めて25日で1か月が経ったそうです。
昨年の調査では飲酒運転事故で摘発された人の約4割が飲食店で酒を飲んでいた
というのです。自分が車を運転してきていると、アルコール類を飲まないという
ことをどうして理解できないのか不思議でなりません。
アルコールを飲んでいなくても車を運転することは、十分な注意が必要になって
きます。それにアルコールが入るとどのようになるのか、もう一度初心に戻って
考えて欲しいものです。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報を見つけて
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際通信社グループ 報道ニッポン 現代画報

ビジネスマンの必須アイテム国際通信社の国際ジャーナル 日本の農業にとって安全性を国際的にアピールすることの重要性

日本の農作物などへの輸入規制について、日本としては早急に対応が必要となっ
ています。世界各国に対して科学的な根拠に基づく規制を求めていくべ きで
す。中国や韓国などにも過剰な規制を行わないよう要請が行われています。これ
に対し、中国サイドからは、科学的根拠に基づいた検査によって、 安全な日本
からの食料品の輸入を続けていくという確認が取れています。この動きは日本の
農業にとっても安心できる内容ではないかと思います。



国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社の報道ニッポンの編集者のサイト
現代画報の取材で・・

ビジネスシーンにザ・ヒューマン 大型クレーンの撤去作業がスタート

今年3月に東京スカイツリーの高さが目標の634メートルに到着したというニュース
は、テレビや新聞でも報道されていたと思います。そして5月23日の朝から、大型
クレーンの撤去作業が始まったのだそうです。
大型クレーンはツリーの東西南北に4基配置されていて、この日は北側のクレーンで
作業をスタートしたそうです。今後は、現在地上400~500メートルの位置にある
クレーンを第1展望台の屋上まで下げてから解体するそうです。
工事がスタートしてから、多くの人が見学に行かれたのではないでしょうか。
どんどん高さが高くなっていくごとに、テレビでも大きく取り上げられていました。
完成は今年の12月、そして開業は来年の春を予定しているそうです。
楽しみですね。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社の報道ニッポンのSpecialistに学べ!を読み解く
現代画報 料金と価値 現代画報社

ビジネスに必須アイテム 国際ジャーナル 緊急地震速報

新聞に載っていた記事ですが、総務省が地震の大きな揺れを事前に知らせる
「緊急地震速報」を迅速化するように地方の民放テレビ局などに要請している
ということが分かったのだそうです。
地上デジタル放送では、速報がアナログ放送よりも最大で3秒ほど遅れて表示
されるそうです。このために、地図などを伴う現行の緊急地震速報の前に地デジの
テレビ画面に文字だけを表示することで遅れをほぼ解消することができるように
なるそうです。「震災」に関する記事が国際通信社から発行されている雑誌に
載っていたように記憶していますが、地震などの自然災害の速報はやはり迅速に
表示していただかなければ、こちらも把握することができませんね。
せっかくのテレビという情報収集できるもので、きちんとした対応をお願い
したいと思います。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルへの思い
国際ジャーナル オンライン

月刊誌国際ジャーナル 原子力対策本部の動向について

菅政権が設置している原子力災害対策本部ですが、東京電力福島第一原子力発電
所事故に対する政権の今後の取り組みを、「原子力被災者への対応に関 する当
面の取組方針」という形でまとめています。これによって原発事故の被災者を
「国策による被害者」と明記しているのがポイントです。今後は、 国が最後ま
で責任を持って対応する事になりそうです。それに伴って、原発事故への対応の
具体的道筋を描いたロードマップも発表されています。





現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルとうい媒体
rich.geo.jp

報道ニッポンから取材? 政府の避難政策への報道について

福島県の中で、飯舘村は、東京電力福島第一原子力発電所の事故で、全域が計画
的避難区域に設定されています。そのため、およそ6500人の住民が 今月下
旬までに避難するよう求められています。今後の対応が注目されます。村内の会
社などから事業を続けたいという声が相次いでいるそうです。そ れによって政
府と村が、どのような条件が必要か検討を進めていましたが、事業の継続につい
ては、ある程度のめどがたったようです。今後も政府の対 応に注目です。



国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道ニッポンを発見
国際ジャーナル/報道ニッポン/現代画報

ザヒューマン・バンド 2015年までに消費税が10%に!

2015年までに、消費税率を5%引き上げ、10パーセントにすることを

盛り込む方向で、政府は社会保障と税の一体改革案の調整に入ったそうです。



とうとう、消費税10パーセントになりますか・・・



値上げの使い道は、社会保障目的に限る目的税。

高齢化で毎年1兆円余り膨らむ社会保障費をまかなうには、消費税率の引き上げ

は不可欠と判断したようです。



福島原発の放射能を気にして、今後の状況次第では更に少子化になるかもしれません
ね。




国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報の美食探訪を読んで
国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報より

月刊 国際ジャーナルで 仕事を辞めたいという新社会人の意見

4月に新社会人として新しい生活がスタートした人は多いのではないでしょうか。
国際通信社から発行されている雑誌にも載っていた「不景気」の影響で、なかなか内定
がもらえないという中を、内定をもらうことができたこと自体が幸せだと思います。
が、4月に入社して約1か月過ぎた頃、新社会人の半数近くがこれまでとは違う環境
からの疲労を感じているということが、ある調査で分かったのだそうです。
「疲れがたまってきた」、「まだ緊張している」という意見が上位にあるほかに、
「業務についていけるか不安」「仕事を辞めたいと思う」という人も1割ほど
いたそうです。今、仕事ができるというのは非常に恵まれている環境なのではないかと
私は思っています。
今が我慢をする時期だと私も社会人を経験して思っています。
頑張っていただきたいですね。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルで掲載
国際通信社Booksブログ

国際ジャーナルから 福島のタケノコ、規制値超セシウム検出

福島県いわき市など6市町村で、今月の2~3日に採取された

タケノコから、暫定規制値の約3・6倍となる1820ベクレルの

放射性セシウムが検出されたと、厚生労働省が発表しました。

いわき市においては、4月27日に採取されたタケノコからも、

同様のセシウムが検出されておて、県がすでに出荷自粛を農家に要請。

今回新たに検出された、同県北部の伊達市、相馬市、同県中部の三春町、

天栄村、平田村に対しても、同様に出荷自粛を求めるそうです。




現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル 通信
国際ジャーナルから学んだ

国際ジャーナルから 原発停止後も地元へ交付金は大幅減しないそう

細野豪志首相補佐官ですが、中部電力浜岡原子力発電所が全面停止した

場合の地元自治体への交付金について会見をしました。



そこで、国の事情で交付金が極端に減ることがあってはならないという

考えを示し、理由については、国の事情で発電量が減った場合、約8割

の交付金を確保するという仕組みになっているために加え、今回の場合、

政治判断で行われた意味合いが小さくないことを踏まえ、特殊事情として

最大限、配慮されるべきだと述べていました。




国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
ニッポンの夜明け
国際ジャーナル|報道ニッポン|現代画報

国際ジャーナルから 宮城県出身の女子プロボクシング新王者

女子プロボクシングの新王者に輝いたのは、宮城県大崎市出身の35歳の女性でした。
この女性は「地元の人たちのために頑張りました」と話しています。
女性のガウンには「Now or Never」という言葉が刻まれていたそうです。
この言葉を胸に、東日本大震災で被災した人々へ勝利のエールを送ったのです。
震災後、地元に戻ることができず、かなりの心労があったようです。が、この勝利は
宮城県の復興の一歩となるのでは・・・と地元後援会会長が話していました。
確かに、被災地出身の人が活躍して素晴らしい成績を収めた時、多くの人に元気と勇気
を与えるのではないでしょうか。
本当に素敵な女性だと思います。心からおめでとう・・・といいたいですね。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年5月号のご案内
国際ジャーナルとの巡り合い

報道通信社 青色の灯が街を守る

現代画報に「青色の灯が街を守る!?」という記事が載っていて、そう言えば我が家の周辺の街灯は青いけど・・もしかして防犯と関係があるのかな?と思って、調べてみました。イギリス北部の都市グラスゴー中心部のブキャナン通りという商店街で、景観を良くするためにオレンジ色の街灯を青色に変えたところ、犯罪が激減したそうです。他に要因は無く、青色が犯罪抑止効果があることが分かりました。この現象に対し、日本でも青色電灯へ移行する都道府県が増えて、我が街も採用したのでしょう。2~3年くらい前から変わったと思います。クリスマスの頃だったので、演出なのかなとボンヤリ思ってましたが違ったのね(遅)。
でも色だけで犯罪が激減?ちょっとビックリする話です。暗いと、波長の短い青色の電灯は遠くまで光が見えやすい、つまり人通りが少ないところでも人が歩いているのが目立つ、目立つということは犯罪者にとってはやりにくいですよね。それに、青色は気持ちを落ち着かせる効果があり、実際に、青色を見ることで血圧が下がったり脈拍がゆっくりになるそうです。脳の神経伝達物質であるセロトニンという鎮静効果のあるホルモンも分泌されて、興奮状態を沈め、不安な感情を抑えることが出来るので、衝動的な犯罪がぐっと減るというわけです。へえええ。ちゃんと科学的な根拠があるんですねえ。青と言っても暗い青よりも、青味がかった白ぐらいの方がより効果があるとも言われています。我が家の周りの街灯はどっちかというと白味がかった青という感じ。なんというか、やる気も削ぐけど寂しい印象、寒々しいです。まあこれで犯罪が
減るっていうならいいかな~。





国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
経済情報誌 報道ニッポン 2008年11月号のご案内 | 報道通信社
seoseo.geo.jp

報道通信社 留学の人気が表す日本の力

これからの外国の若者が、もし海外の大学へ留学しようと考えたときには、一体
どの国を目指すのでしょうか。いま現在で一番人気ある国はアメリカではないか
と思います。次がイギリス、そして3番目がオーストラリアといった英語圏であ
るそうです。このトレンドは、中国などのアジア諸国でもそうみたいです。今の
時代において日本の大学に留学するという海外の若者は急速に少なくなっている
と聞いています。これはなぜでしょうか。日本の大学には魅力がないのでしょう
か。日本では将来のキャリアにつながるスキルの取得ができないという事なのか
もしれません。確かに、日本語はメジャーな言語ではありませんから、自国に
戻っても、あまり魅力がないのかもしれません。日本の経済も以前に比べると力
が落ちているからなのでしょうか。かつては日本の大学も人気があったと聞いた
ことがあります。アジア諸国が、日本に学べということを合言葉にして、さかん
に留学にきていた時代もありましたから、時代は変わったものです。これからの
日本が魅力的な国として最発展していくためには、むしろ日本の若者が海外にで
ていって、勉強をしていくるのが大事なことではないかと思います。その辺に期
待したいところです。







大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
ハッピージャーナル | 国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
見聞国際通信社

国際通信社の国際ジャーナルとは 外国人にとって日本観光の魅力はどこにあるか?

このところ、中国人などアジアから日本を訪れる観光客が増えていると聞きます
が、これは本当なんでしょうか。外国人から見た日本の面白いところはどんなと
ころなんでしょうか。例えば、秋葉原の電気街などは、以前から外国人にとって
魅力があるという話を聞いたことがあります。日本の魅力については、国際
ジャーナルでも取り上げてほしい内容ではないでしょうか。秋葉原では、外国人
向けの免税店も多くあり、何より電気製品が安く買えるのが魅力ではないかと思
います。その他にも、電脳街の街並みや、最近話題になっているメイド喫茶な
ど、やはり外国人観光客にも日本の中で珍しく見えるのではないかと思います。
秋葉原は、そのような実績もありますから、じつは非常に外国人に対応した街に
なっているところもあります。英語だけでなく、中国語、韓国語が通じる外国人
スタッフが多く働いている店もあると聞きます。ですから、もし、自分の店に言
葉のわからないお客さんが来ても、他の店で対応してもらうことも可能です。非
常に国際的な街だと言えます。海外からの観光客にはとても便利ではないかと思
います。外国人に人気のある日本の観光スポットには、やはりうなずける特長が
あるという事だと感じます。







国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道ニッポン 食べ物は大切に 食品廃棄量削減を目指そう/報道通信社
評判のお店を取材 報道通信社

報道通信社とは 意味なく泣くわけがない

本当に途絶えることのない「虐待」。以前には、雑誌「現代画報」でも取り上げられていま
した。ほんの些細なことで我が子にストレスをぶつけたり、我が子の命を親の手で奪うのです。
私も子供がいて、今、まさに育児中です。子供はロボットではないので、親の思うとおりの
行動をするわけがないのです。それを思うとおりにいかないからと、子供を傷つけるというの
はありまにもひどすぎます。それに、そのような行為をする親は親ではありません。
今回の虐待の話では「意味なく泣いていた」と父親が警察に話しているということですが、
赤ちゃんというのは、意味なく泣くわけがないのです。理由があって泣いているのです。

赤ちゃんは話をすることができないので、自分の要望を親に伝えるために泣くのです。

それを「意味なく」と発言する時点で、親ではありません。私はそう思います。
多くの地域で「虐待防止」の運動をしているそうです。親が育児に悩んだとき、相談できる
友人、知人が周りにいないのであれば、地域に相談しましょう。




国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
経済情報誌 報道ニッポン 2009年7月号のご案内
国際ジャーナルへの思い

報道通信社とは 北朝鮮と韓国の衝突について

このところ緊張が高まっている朝鮮半島ですが、北朝鮮の警備艇1隻が、朝鮮半
島西側の黄海上に引かれた軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)を 越えて
南下したという報道がありました。その後、北朝鮮軍は韓国軍の警告射撃を受け
て退却したそうです。この報道は韓国軍合同参謀本部の発表に基 づいて行われ
ています。今後の北朝鮮と韓国の動向については、東アジアの安定という観点か
らも気になるところです。これからも注目したいと思いま す。





国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
finance.awe.jp
経済情報誌 報道ニッポン 2008年8月号のご案内 | 報道通信社

報道通信社とは ソニーのプレイステーションが流出

ソニーのプレイステーションから、1億人近い個人情報が流出したという事件が
起きています。ネットワークにつないで楽しむ、単なるゲーム機を越え た次世
代の端末としてソニーが開発しているのが、プレイステーションですが、この事
件については、ソニーの今後の戦略に対して、大きな影響を与え るのではない
かと思います。まずは再発防止策が求められますが、流出した情報の中には、ク
レジットカード番号が含まれている可能性もあり、予断を 許さないものです。



国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年2月号のご案内 | 国際通信社
ponyo.cute.bz

国際通信社の国際ジャーナル 東北の水産業の立て直し

今回の大地震と津波で大きな被害を受けた東北地域では、雇用の問題がこれから
大きくなっていくと予想されています。特に、主要産業であった水産業 につい
ては、壊滅的な打撃を受けていますので、水産業の立て直しが急務となっていま
す。この問題については、国も自治体も、一緒になって取組を進 めていかなく
てはならないでしょうが、当面の対策として、失業保険の支給などでケアをする
必要があるかもしれません。これから注目の問題です。



報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルと報道ニッポンと現代画報
評判の国際ジャーナル

ザ・ヒューマンで読む経済 日本海が朝鮮海表記した日本古地図発見

日本海が「朝鮮海」、日本の太平洋岸を「大日本海」と表記したとされる、

日本の古地図が発見され、韓国側が東海と日本海の併記を求める意見を、

国際水路機関に提出。



釜山外国語大学の金文吉韓日文化研究所所長の言い分では、地図は日本の

古書店で入手、制作年は1835年となり、これまで公開された朝鮮海表記の

地図の中で最も古いものだと。



そして日本海と表記されている地図というのは、1904年の日露戦争の前後

に制作されたもので、日露戦争を契機に日本が朝鮮海を日本海と表記し、

独島までを支配下に置く意図があったと、分析しているそうです。






「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社 取材
bus.gob.jp
ショッピング
プロフィール

o8o9

Author:o8o9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。