スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ビジネスジャーナル 松井大輔、フランスへ出発

加藤ローサさんと6月22日に婚姻届を提出している、日本代表のMF松井大輔さん。来季からは、フランス1部に昇格するディジョンに移籍が決定的している松井さん、29日にフランスに向けて羽田空港から出発したそうです。松井さんは「フランス1部で初心に戻って頑張りたい」、そして12月にはローサさん出産ということで、「家族のために、街の下見もしてきます」と、可愛いコメントを残されています。イクメン松井大輔の誕生も、もう近い!?

ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社のネタ
報道ニッポン コミュニケーション能力を養う/報道通信社
スポンサーサイト

国際ジャーナルとは? 福島のヤマメ一部出荷停止になりました

1キロあたり500ベクレルという暫定規制値を超える、620~990ベクレルの

放射性セシウムが検出された福島の一部のヤマメが出荷停止になりました。



淡水魚の出荷停止措置は初めてで対象地域は、会津地方の秋元湖・檜原湖・小野川湖
と、

そしてこの三つの湖に流入する川、阿武隈川・長瀬川の一部。



地元の漁業協同組合などに対して、釣り客に遊漁券を販売する時にヤマメは取らない
よう

周知するそうですが、同じ場所に棲息している、イワナやアユは大丈夫なのでしょう
か?




報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
飛躍!報道通信社の日記
現代プレス | 現代画報 国際ジャーナル 報道ニッポン

報道ニッポン・報道通信社の取材とは 夏の高校野球

テレビや新聞でも大きく取り上げられていたのが、川上ジュリアさんという女子高生
です。北海道出身の現役女子高生だそうでシンガーなんだそうです。
この川上ジュリアさんがテレビ朝日系の今夏の高校野球応援ソングに抜てきされたと
いうことです。テレビの高校野球のコマーシャルでも彼女が出演して、高校球児たちに
エールを送っています。いよいよ夏の高校野球の季節がやってきました。
今年は、今までとは違った思いで出場に向け頑張っている学校が多いのではないで
しょうか。多くの人が応援する高校野球。
今年の高校野球はどのような物語が作られるのでしょうか。楽しみですね。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社・報道ニッポンで知るチーム・マイナス6%
国際ジャーナルを手にして

報道ニッポン・報道通信社の取材とは 涼しいメニュー

「節電対策」と言われながら、夏という季節はもう目の前ですね。
今年の夏を節電を考えながらも快適に過ごせるよう、様々な商品が販売されている
ように思います。
そんな中、新聞に載っていたのが、外食や食品メーカーが涼しいメニューを投入して
いるということでした。その一方で家での揚げ物が敬遠されるとして、小売り各社は
惣菜の揚げ物コーナーを強化するそうです。
食べ物で新聞記事に載っていたのが「クールおでん」「ひんやりドーナツ」「冷
カレー」という文字でした。大変驚きましたが、暑い夏に熱いものを食べると余計に
暑さが増しますね。暑い夏だからこそ、涼しいものを食べて気持ちも体もひんやりと
いう状態でしょうか。
昨年のような夏にはなってほしくない・・・と強く願っています。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年3月号のご案内 | 国際通信社
ponyo.cute.bz

ユーチューブと国際ジャーナル O-157

新聞に載っていた記事ですが、三重県が6月19日に伊賀市の3歳の女の子が
病原性大腸菌O-157による腸管出血性大腸菌感染症に感染して亡くなったと
発表しました。
この時期、食中毒に気をつけるようにとテレビや新聞で報じられています。
集団生活を送る幼稚園や保育園、小学校等などでも注意が呼びかけられています。
子供を持つ親としては十分に気をつけるのですが、O-157で亡くなったと
いうのは非常に悲しい話ですね。みなさんも十分な注意が必要になっている季節
がやってきています。特に小さな子供がいる家庭は気をつけてください。
我が家にもまだ幼い子供がいるので注意をしていきたいと思います。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
trip.bulog.jp
bis-press.net | 国際ジャーナル | 国際通信社 | 詐欺と情報セキュリティ

国際ジャーナルの月刊誌 具体的な節電対策

新聞に載っていた記事ですが、関西電力の節電要請を受けて大阪府内の各地では
今夏の節電対策をめぐる動きが本格化しているそうです。
例えばあるホームセンターでは、LED電球の使用についての節電方法や図、そして
表で説明しているそうです。そして対策をまとめたチラシも用意されているそう
です。
あと、扇風機や日差しを遮る「緑のカーテン」をつくるゴーヤやヘチマ、アサガオの
苗などの売り上げが伸びているそうです。
ひと言で「節電」と聞いてもピンとこないかもしれませんが、図や表、そして
植物での対策などを紹介されるとすぐにでもできることが多いような気がします。
みなさんのご家庭ではどのような対策を考えているでしょうか。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報の取材で・・
現代画報 スポーツ選手は取材の名人? 現代画報社

国際通信社のネットのインタビュー記事 原発作業員10人に連絡がつかないそう

厚生労働省に東京電力は、3月に福島原発で作業した3726人全員

の被曝量について、評価するよう求められていました。

しかし東京電力は3月の事故発生直後、福島第一原発で作業していた

協力企業の作業員10人と、連絡が取れていないそうです。


この連絡が取れないというのも、変な話ではないでしょうか?

東京電力がずさんなのか、従業員を出していた協力企業がずさん

なのか・・・

それとも、住所も不定、名前もわからない、そのような人を作業に

当てていたのか・・・



いづれにしても、不可解な話だと思いました。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
rich.geo.jp
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年10月号のご案内 | 国際通信社

ビジネス国際ジャーナル 震災不安でロングステイ急増 

「地震のない所に行きたい」や「子どもを被曝から守りたい」という、

東日本大震災からおこった震災不安が理由で、

国内や海外で長期間滞在し余暇を過ごすロングステイが、60~70代

年配者に加え、乳幼児を持つ母親ら30~40代のファミリー層からの

問い合わせが急増しているそうです。



年代からみると、比較的フットワークの軽い世代と感じました。

ほとんどの人々は生活があるため長期滞在などできず、現状の生活をして

いると思います。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
bis-press.net | 国際ジャーナル | 国際通信社 | 詐欺と情報セキュリティ
国際通信社のネタ

ザヒューマンとビジネス誌 避難、今なお急増、そして福島へは帰るに帰れない

2000人を超す東北の被災地や関東の人々が、九州・山口・沖縄など

9県に避難しているそうです。

震災の1か月後に比べると、各県の増加率は4.7~1.2倍。



そして福島第一原発事故が依然収束しないことから、一時避難の予定が、

帰るに帰れない状態に陥っている人もいるそうです。



震災直後すぐに関西方面に避難した人を知っていますが、今、その人は

どうしているのでしょうか・・・

そして、すぐに逃げられる生活状況であることを、とても羨ましく思って

います。




「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報 | 現代画報社 | 取材記者という職業
現代画報への思い

報道ニッポン・報道通信社 社会保障の抑制を考えてみる

社会保障費の抑制策としてこれから考える必要があると思います。例えば、高所
得者に対する年金支給額を減額することは効果的でしょう。医療機関の 受診者
に診療費とは別に100円程度の負担を求めて、それを財源に高額の医療費がか
かる患者の負担を軽減する制度を導入する必要もありそうです。 70歳から
74歳までの高齢者の医療費の窓口負担を現在の1割から2割に引き上げること
も、これからは検討されるかもしれませんので注目したいと 思います。



21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル|国際通信社・報道通信社・現代画報社
報道ニッポンで楽しむ

報道ニッポン・報道通信社 いまどきの学校給食とは・・・



先日の新聞記事に学校給食の特集が紹介されていました。

ある学校での給食のメニューに「カレーうどんとアメリカンドッグ、小倉白玉、牛乳」

「みそラーメンとあんドーナツ、果物、牛乳」「キムチ焼きそばとクロワッサン、イカナ
ゲット、イヨカン、牛乳」というメニューが載っていました。

栄養バランスの乱れたメニューが、学校給食で出されているといいます。

昨年末に給食に関する本が出版されたそうです。この本から実態が明らかにされたのです。
この本の著者は管理栄養士の男性です。長女が通う小学校の給食に疑問を抱いて、10年以上
前から学校給食の献立表などを保護者や学校栄養士から集めてきたということなのです。


これらの情報をもとに、41自治体の公立小学校で2004~2009年に出された給食73点を再現し、
写真入で掲載したところ、本は話題を呼んで、諸般から半年弱で7刷、計4万5000部という
評価を得たのです。保護者や学校栄養士などを中心に、反響も多数寄せられているのだそう
です。

私は、今回新聞の記事内に取り上げられていた本は目を通したことがないのですが、ただ、
ドーナツとラーメンというメニューや、キムチ焼きそばなどのメニューに大変驚きました。
私が小学校の頃、そのような給食は出ていなかったのです。時代の流れなのか、保護者の意
見なども聞いた上でメニューが決まったのかは分らないのですが、学校から出される給食に
は「栄養バランスのよさ」を求めている保護者も多いと思います。




ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報 | 現代画報社 | セルフメディケーションを考える
国際通信社を読む、続・取材

国際ビジネスジャーナル 北アルプスで遭難の女性は、帰宅していた。。

現代画報 2010年5月号の表紙は、「北アルプスと白馬村」。

表紙の美しい写真に、しばし見とれてしまいました(笑)



ところで、北アルプスで遭難したと思われていた37歳の女性が

自宅に帰宅していたという、なんともお騒がせなことがありました。



北アルプスの白馬岳は標高2932メートルで長野県にありますが、

そこで41歳の男性と37歳の女性が、登山中にはぐれ遭難。



遭難したことを男性から連絡を受け長野県警が、

9日から2日間にわたり捜索。



男性は9日朝に救助されましたが、

女性の確認はできず10日も早朝から捜索を開始。

すると、10日の午前中に女性から「9日朝に下山した」と、

男性の携帯にメールが・・・



今回の件について女性の方は、「ご迷惑を掛けました」

と反省した様子だといいますが、

どうでしょうか・・・

はぐれてしまった男性の事は、全く心配していなかったとしか思えません。

37歳にもなっているのに・・・

この女性の人間性が、見えてしまいますね。



それに山に登るということ、そして同行者と登山中に

はぐれてしまったことの重大さを理解していない。

街中で友人とはぐれてしまって、しかたなく帰宅した

というのとは、ケースが違うということを

理解できなかったのでしょうね。



そんな人には、山に登って欲しくないです!

現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
opem-press.org | 報道ニッポン | 報道通信社
報道ニッポンの誓い 報道通信社

ザ・ヒューマン・ビジネス 非難だけでは何もうまれない

最近の政局ですが、自民党の谷垣禎一総裁と公明党の山口那津男代表はともに菅
首相の退陣を求めています。この背景にはどのような考え方があるので しょう
か。谷垣氏は党首討論において、被災地復旧の遅れや原発事故の対応の混乱、賠
償のもたつき、民主党内からの首相批判などを並べ上げて首相を 非難していま
す。首相が退陣すれば与野党を超えて新しい体制をつくる工夫はいくらでもでき
るという考え方かもしれません。これは本当でしょうか。 自民党として、どの
ように復興を進めるかという具体的な代替案が国民に対して提示されてないと思
います。




国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルの取材で・・
報道通信社|報道ニッポン

国際通信社の国際ジャーナル 都内のタクシーが電気自動車になる時代

自動車が生まれてから100年以上たちますが、これからは電気自動車が主流に
なっていくのでしょうか。例えばタクシーも電気自動車になっていくなど、新し
い動きは加速していくような感じがありますね。国際ジャーナルでも、この点に
ついてはこれからも特集してもらいたいテーマです。最近の話題として、タク
シー事業を手がける日の丸自動車が東京丸の内周辺で「電気自動車タクシー」の
運行を開始したことがあります。また、他にもベタープレイス・ジャパンが六本
木エリアで電気自動車タクシーの運行実験を始めています。電気自動車の課題は
何でしょうか。これはよく報道されています、やはり1回の充電で走行できる距
離ではないかと思います。一方、都内の様な密集エリアでは、ある程度の走行距
離がキープできるならば、充電装置の設置状況によっては、ガソリンよりいいの
かもしれません。この辺については、これからの電気自動車の技術革新に期待し
たいところです。もともと日本は石油がない国ですから、石油に頼らない産業育
成は、あらゆる面からプラスになるのではないかと思います。21世紀は電気自
動車が主力になる、そんな時代がもう始まっているのかもしれませんね。これか
らも注目してみたいと思います。







国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-2529(代表)
現代画報の飛躍
報道ニッポン 食べ物は大切に 食品廃棄量削減を目指そう/報道通信社

大人の経済誌・国際ジャーナル・報道ニッポン いまこそ節約をしっかりと進めていきたい

震災によって避難している住民の方々は、本当に大変な日々を過ごしていると思
います。特に、原発事故によって避難している人の場合、いつ地元に戻 る事が
できるのかがわからず、つらい日々を過ごしていると思います。東京電力を始め
として、今までの日本が進めてきた原発政策を、今一度見直す必 要があると感
じます。電力については、使うだけの量をベースに供給するのではなく、節約を
しながら大切に使っていくという考え方が重要だと思いま す。



国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
books.weblog.vc
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年12月号のご案内 | 国際通信社

国際画報・現代通信社・報道月刊誌 ビンラディンの姪は美人モデル?!

ウサマ・ビンラディン容疑者の姪が、なんとアメリカで人気の美人モデルだってこと、知ってました?!なんでもビンラディン容疑者の姪は、シンガーソングライターやモデルとして活躍されているのだとかで、実際に画像を見てみるとかなりの妖艶な美人!血は近くないようですが、エキゾティックな美人を見てみたい人は要チェックです。

国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際進のジャーナル
経済情報誌 報道ニッポン 2009年5月号のご案内

国際ジャーナルと職人 がれきを利用して丘を築く方針

宮城県岩沼市が、がれきを利用して高さ10メートル以上の丘を沿岸部に築く
という方針を固めたと新聞に載っていました。
津波の破壊力を弱めるのがねらいだそうで、5月16日の市震災復興本部会議に
提示するということです。
がれきのコンクリート片や土砂を使って、市街地の南北に流れる運河と、海岸の間に
複数設けるということです。丘には松や桜などを植えて、展望台として観光にも活用
する考えだということです。
津波でがれきや土砂がかなり出ている様子はテレビでも報じています。
「がれきの処理」などに関する内容の報道もされていました。
もし、このがれきを利用する方法があるのであれば、また今回の地震が風化しない
ことを願うならば丘を作るのもひとつの方法なのでは・・・と私は思いました。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
press-blog | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
報道ニッポンを求めて

ザヒューマン・取材とは 子供に見せたくない番組

新聞に載っていた記事なのですが、日本PTA全国協議会が5月16日に2010年度
の調査で「親が子供に見せたくない番組」として、あるバラエティー番組が8年連続で
1位となったということを発表したそうです。
「内容がばかばかしい」や「いじめや偏見を助長する場面が多い」が主な理由だった
ようです。私も見たことがありますが、確かに「いじめ」や「偏見」につながる言葉
や行動がみられる場面があったように思います。が、人気は高い番組なのですね。
あと、1位となったバラエティー番組とは違うバラエティー番組やアニメなども
名前があがったようです。
子供を育てているご家庭では、どのように思われるでしょうか。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際プレス 国際ジャーナル 国際通信社
現代画報を再発見

国際画報・報道ジャーナル・現代ニッポン ハーグ条約加盟決定!

アメリカ人の方と結婚され、離婚して日本に子連れで逃げ帰ってきちゃった人には心配なニュースですよ。なんでも日本は、ハーグ条約に加盟することに決めたらしいです。ハーグ条約は簡単にいえば、こういった離婚で日本に子連れで逃げ帰っちゃうと、親は誘拐罪で逮捕され、子供は強制的にお父さん/お母さんのもとにもどされるっていう条約。アメリカなどでは、共同親権が主流なので、たとえば離婚となった時に子連れで日本に帰ってくるのはNGなんですよ~。もちろん、お相手が親権を放棄すれば関係ないですけど。今後の行方が気になります。

報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報の通信日記
国際通信社.com|国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報

月刊・国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報 世界陸上のメインキャスター

俳優の織田裕二さんといえば、「キタ~!!」(古い?)以外には、世界陸上ってイメージありませんか?今年もやってくる8月の世界陸上には、やっぱり織田裕二さんとフリーアナウンサーの中井美穂さんが、メインのキャスターとして起用されたようです。TBSが独占中継する「世界陸上 韓国テグ」ですが、実はこの2人、TBSが世界陸上の中継を開始した1997年のアテネ大会から、8大会連続起用だとか。これからずっとこの二人でいいじゃないって、一瞬思っちゃいましたが、ダメなんでしょうか?

国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
press-blog.org | 国際ジャーナル | 国際通信社
商法総則 by 国際ジャーナル

デジモノ・ザ・ヒューマン・取材 電力供給の安定性をどのように確保するか

日本のこれからの電力について考えると、長年、政権与党として原発を推進して
きた自民党にも責任があると言えるかもしれません。自民党本部で開か れた
「エネルギー政策合同会議」ではその点も議題になった様です。電力需給の問題
と将来のエネルギー計画について、超党派の議論が求められていま す。甘利元
経産大臣は与党時代、エネルギー政策の中心にいて、原発を推進する立場でした
が、自民党の新しい原子力政策を考える代表となっていま す。





国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
needle.coresv.net
現代画報 | 現代画報社 | セルフメディケーションを考える

国際ジャーナルで噂の スピッツ草野、ダウン

アーティストって、やっぱりナイーブな人が多いんですかねえ。スピッツのボーカルの草野マサムネさんが5月24日に、急性上気道炎のために、24日開催予定の熊本公演と26日の大分公演を延期することがスピッツの公式ホームページで発表されたそうです。この公園の振替公演については調整中だそうですが、とりあえずは5月28日の福岡公演から再開予定ということにはなっているようです。ちなみにスピッツの草野さんは、ついこの間の3月下旬にも、震災の影響で急性ストレス障害でダウンしちゃったそうで、なんだか男の人ってこういうのに弱いんでしょうか。

「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
movies.weblog.tc
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年4月号のご案内 | 現代画報社
ショッピング
プロフィール

o8o9

Author:o8o9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。