スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル|新型インフルエンザウィルス

世間を恐怖に陥れたことで記憶に新しい、新型インフルエンザウィルス。日本でも一時騒がれ、現在騒ぎは沈静化したようにも見えますが、まだ被害は確実に広がっています。新型インフルエンザの最新情報においては、東京大医科学研究所がイギリスの科学誌ネイチャー(電子版)に13日付で発表したところによると、同研究所がカニクイザルなどの動物実験で調べた結果、新型インフルエンザウィルスは、一般的な季節性インフルエンザウィルスに比べると、肺で増殖しやすいということがわかったそうです。メキシコやアメリカで猛威をふるい、新型インフルエンザに感染した重症患者の例でも肺炎を起こしたケースも報告されているため、この実験では肺で増殖しやすいインフルエンザということを裏付ける結果となりました。東大医科学研究所教授の河岡義裕教授は、新型インフルエンザのウィルスの病原性は、季節性のものと明らかに違うと指摘しているそうです。新型インフルエンザの特徴としては、60歳以上の高齢者の一部は新型インフルエンザに対して免疫を持っていると報告されていますが、東大医科学研究所のグループの結成調査の調べによると、90歳以上でないと免疫が出ないという可能性が出ているそうです。


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ショッピング
プロフィール

Author:o8o9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。