スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル|「1回死ぬか?!」担任教師が小6男児に暴言

今月14日に山口県周南市の市立小学校で、給食後に6年生担当の男性教諭(27)が6年生男児に起こされ、暴言を吐いたことが18日に発覚しました。この男性教諭は、給食の後、目を閉じて座っていたところへ、先生を起こそうと男の子が軽く頬を叩いたことに腹を立て、この男の子の胸ぐらをつかみ、「一回死ぬか」と発言し、右手を蹴るなどしたとのことです。周南市の教育委員会の話では、先生が休職後に先生が目をつぶっていたところへ男の子が軽く頬をたたき、先生は「何をするか」と男の子の肩を小突くと、男の子はなんと先生のほおを平手うちしたそうで、これで先生が激高してしまい、逃げる男の子を追い掛け右手をけり、胸ぐらをつかんで暴言を吐いてしまったそうです。男の子に怪我はなかったものの、「手が痛い」ということで保健室で湿布を張ったそうですが、これは一般の目から見ると、先生の暴言は論外ですが、男の子の態度にも問題があるのではないでしょうか。学校側と教諭は両親に事情を説明し、きちんと謝罪したそうで、教諭はカッとしてそのような発言までしてしまい申し訳ないとコメントしているそうです。自分をコントロールできない教諭と、先生を馬鹿にした態度をとる生徒。どちらも、現代の学校という現場を象徴しているような出来事といえそうですね。

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ショッピング
プロフィール

Author:o8o9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。