スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報 大阪の事例:共同購入による行政の効率化

何かとその言動が話題となっている大阪の橋下知事ですが、今回の大阪府と大阪
市の発表は、これからの行政の効率化におけるモデルケースとなるかもしれませ
ん。行政の効率化については、国際ジャーナルなどの雑誌でもよく話題になりま
すが、行政がいかにして税金を効率的に使うのかについては、これからも前向き
な視点から捉えて欲しいと思います。大阪府と大阪市は、災害備蓄米を共同購入
する事を発表しました。コレはコスト削減と業務効率化が目的です。役所におけ
る購入については、各行政府の単位で行われています。今回のケースは、道府県
と政令市が共同購入する初めてのケースではないかと言われています。この方法
によってどのような効果が期待できるのでしょうか。まずは、同じ物品を一括契
約する事によって、購入金額をより安くする事が期待できます。また、契約の交
渉時間も短縮されます。さらに競争の強化が期待できます。役所の入札に参加で
きる企業は、それぞれの行政府に登録する必要がありますが、大阪府と大阪市の
どちらかに登録している企業は、いずれの入札にも参加できるようになります。
今回は試験的な試みですが、来年度以降は対象品目を広げていく予定との事で
す。このような取り組みが全国に拡大していくことを期待したいと思います。





国際ジャーナル 取材
報道ニッポン 取材
現代画報 取材
国際通信社 取材
報道通信社 取材
現代画報社 取材
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ショッピング
プロフィール

o8o9

Author:o8o9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。