スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報社 取材 生徒宅に差別文書郵送、高校教諭に有罪判決

いくら、非常識な教職員といえども、何かこのような行為を行わせしめる原因がないとここまでの行為を行わないであろうと常識的には思える。しかし、記事によると裁判官は全く情状酌量を認めていないようで、この文面から察すると、この高校教諭は全く一方的にこの生徒が気に入らないために誹謗中傷を通り越した脅迫文章を送付したことになる。脅迫文面を送るほどの行為が、単に被差別部落民だからという理由で起こるのであろうか?起こるのであれば、裁判官の言う通り「陰湿で悪質、情状酌量の余地なし」である。
しかし、トラブルがあったというその内容如何によっては、この事件の背景はまた違ったものになのるではないだろうか? 少なくとも、事件が異常すぎる場合は、事件が起きざるを得なかった背景に新聞記事は迫って欲しいものである。何もないまたは、取るに足りない理由ならば、その旨を記事に書いて欲しいものである。差別はあってはならないが、被差別部落民が行政によって逆差別(=優遇)を受けていることもまた事実である。推測の記事を書くと誘導記事になり危険ではあるが、トラブル内容が事実として把握されていることがあるならば、それは記事にするべきだろう。何も書かないことも誘導になる。
---以下、朝日新聞引用要約
被差別部落を中傷する文書を生徒宅に郵送したとして、脅迫の罪に問われた高校教諭吉田威被告(37)=福岡県うきは市=の判決公判で、裁判官は「卑劣かつ短絡的な動機に酌量の余地はない」とし、懲役1年6カ月執行猶予3年を言い渡した。 吉田被告は、トラブルになった生徒の父親にあてて「はよ死ねや」などと書いた文書を計6通郵送した。



報道通信社の報道ニッポンの民法商法を読む
現代画報|現代画報社|国際通信社グループ 国際ジャーナル 報道ニッポン 井真井FP社労士事務所/社労士試験・資格 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際ジャーナル 国際ジャーナルの求人 パソコン教室/パソコン教室ホエール南茨木校/大阪 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報のグラビア雑誌 現代画報は現代画報社から出版されています 報道ニッポンとの出会い:報道通信社 自転車のススメ 国際ジャーナルの掲載企業 wiki 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際通信社の国際ジャーナル
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ショッピング
プロフィール

Author:o8o9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。