スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社グループの報道ニッポンの対談取材 注射で骨折が・・・

骨折した幹部に細胞増殖を促すたんぱく質を注入すると、治癒を大幅に早める効果がある
ことを、東京にある病院のグループが臨床試験で確かめたのだそうです。
これは、先日の新聞記事に載っていて、私自身驚きました。

すねの骨折であれば治療期間が約4週間も短縮されるそうです。4週間という期間は非常に
長く感じるのですが、その期間短くなるというのは本当に嬉しいような気がします。
今回の試験が実用化すれば、松葉杖が必要な期間を短くできて、糖尿病などが原因で骨折
が治りにくくなっている人の治療にも役立ちそうだということです。

今回、臨床試験を行った病院の整形外科の教授らは、骨や皮膚の細胞を増殖させる「FGF-2」
というたんぱく質を利用したといいます。国内48施設の協力で、治療に時間がかかる、すね
の骨を骨折した直後の患者71人を対象に、FGF-2を患部に注射した47人と、注射しなかった2
4人とで効果を比較したそうです。

その結果、注射をした患者は14週間で半数が治癒し、注射をしなかった患者のうち半数は
治るまでに18週間かかったそうです。しかも、24週間後も4人が完治しなかったといいます。

私自身、骨折をしたことがないのですが、知人が骨折をした際に聞いたのが「とにかく普通
の生活がしたい」ということでした。固定されていつもの行動がまともにできず、不便だっ
たそうです。医療技術というのも、どんどん進んでいるのですね。驚きました。
今は治療が難しいといわれている病気でも将来、治療が可能になっているかもしれませんね。
そうなっていることを期待したいものです。


finance.awe.jp
経済情報誌 報道ニッポン 2008年8月号のご案内 | 報道通信社 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 経営者の為の異業種ネット 報道ニッポンは報道通信社から出版されています wiki
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ショッピング
プロフィール

Author:o8o9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。