スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナルと現代画報の特集記事 薬に求めるもの

国際ジャーナル7月号の巻頭特集はジェネリック医薬品の話ですね。ジェネリック医薬品に対して、偏見を持っているわけではありませんが、数年前から、医者にかかって薬が出るたびに保険会社の「ジェネリック医薬品に移行してください」という郵便物が届くのは、少々鬱陶しいです。価格が随分違うので保険会社が一々言ってくるのは仕方ないとは思います。かかりつけの先生に「ジェネリックにしてもらえますか」と一言お願いすれば済むのですが、病気のときはそういうことにまで頭が働かないのか、保険会社の手紙が来てから気がつくんですよねえ。よく処方してもらう薬はジェネリックだと幾らぐらい安くなるのか、日本ジェネリック医薬品学会が運営するサイトでちょっと調べてみたら・・・半額以下でしたよ。なんだこの違いは!開発費が上乗せされないだけでこんなに安くなるなんて、驚きました。記事の中で、「既存の製品とジェネリックとの競合が進んでいることから、今後の製薬市場は、収益が10分の1になるとも言われている」とありましたが、そこまで落ち込む理由が良く分かりました。そして、ジェネリックがあまり一般化されていない理由も。効果・・・韻犬念汰汗④盂諒櫃気譴討い襪覆蕁・擬圓論簑舒造な・鯀、咾泙垢・蕕諭繊・縮・饉劼箸靴討蓮△、、辰圓蕕棒訶舛靴堂鵑襪里麓・・亮鵑鮃覆瓩襪茲Δ覆發里任后G・・診笋箸い・η笋任發覆い任垢掘△海譴・蕋諭・・・・ぢ合併と買収)が進むことは避けれらないのかもしれません。そして、私たち患者であり消費者が、薬に対する考え方を変えていく時代になったと言えるでしょう。



tiara.happy.nu
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年1月号のご案内 | 現代画報社
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ショッピング
プロフィール

o8o9

Author:o8o9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。