スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 月刊 話題のテロ!日本は中国から撤退しませんか?

中国の学生が日本に対し、暴動をおこしているニュース連日報道されていますね。

日本に対してというよりは、中国政府に向けての暴動だというように言われています
が、



どうでしょうか・・・?



中国政府の「気持ちはわかるが、不適切な行動は慎んでほしい」という、

暴動に向けての発言にもビックリしました。

そんな優しい言葉で、いいのですか?



裏を返せば、日本に対して暴動をおこしたい気持ちが、理解できると

言ってるんですよね?中国政府は・・・



中国人船長解放と、フジタの最後の社員ひとりの開放日数は同じ。

今回も日本のデモ行進に対しての、中国でのデモ。



目には目を!、といったところでしょうか。



学生のデモと言われていますが、その発起人は誰なのでしょうね・・・

中国政府とは言いませんが、一部の日本批判者が動いている気がしませんか?



中国から日本企業は徹底しちゃえばいいのに、と思っています。



日本にとって中国は、巨大なマーケットであることは確かですが。

それは中国にとっても、同じことが言えるのでは?



日本が撤退し、少しずつ他の国も撤退してしまう。



最後には、中国はなにやってるんだ?と、なると思いますが・・・

だけど、逆ギレして、北朝鮮と連盟組んでしまうのも、ある意味怖いです。



資源が豊富で、一部の人間だけがバブル期の中国ですが、国内情勢が安定していない
のだから

きっとそのうち、不況の風が押し寄せてバブル崩壊するかなって読んでいます。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
tigers.ebb.jp
今日見つけた報道通信社の報道ニッポンから発展して
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ショッピング
プロフィール

Author:o8o9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。