スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 月刊 寒い中、クマが出没

今年は本当に寒い日が続いていますね。地域によっては雪が降っていることで
不便な思いをされている人も多いのではないでしょうか。
私が住んでいる地域は雪が滅多に降りません。ですが、冷たい風に毎日辛い
思いをしています。

テレビのニュース番組でも放送されていたのですが、1月24日の夜に栃木県
那須塩原市の温泉街に、1月には冬眠しているはずのクマが現れたそうなのです。
この寒い日に一体どうしたのでしょうか。

報道によると、クマが現れたのは塩原温泉の中心部にあるお寺の境内だという
ことです。警察は旅館の宿泊客に外出をしないようにと呼びかけて、猟友会と
クマの行方を捜していたところ、翌日25日の朝になってお寺の墓地にいるクマ
を発見したそうです。発見後、そのクマは射殺されたということでした。

射殺されたクマは「ツキノワグマ」で、体重は35キロ、3歳くらいのオスだと
いうことでした。那須塩原市役所側の話によると、この時期にクマが人里に
現れるというのは非常に珍しいという話をしていました。

昨年から自然で生活すべきはずの動物が、街中に出没するというニュースは
大きく取り上げられていました。餌が足りないのか・・・私は個人的にそのように
思いました。人間が生きていくうえで食べ物が必要なように、自然の動物たちにも
食べ物がなければ生きていけないでしょう。やはり、自然が減っていっているのでは、
そのように感じたニュースでした。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
iceland.bex.jp
太陽光発電
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ショッピング
プロフィール

Author:o8o9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。