スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊報道ニッポン 聖ヴァレンティヌスの殉教

年が明けて1、2、3月というのは行く、逃げる、去る
などと語呂合わせで言われるくらい、あっという間に時が経っていきます。

 うかうかすると、「もうバレンタインデー?」なんてことになりますね。

 バレンタインデーにチョコレートを贈るという習慣は日本だけのようですが、
このバレンタインデー、もともとは聖ヴァレンティヌスという聖人が殉教した日
が2月14日だったことに由来します。


 当時のローマ皇帝、クラウディウス2世は戦士の士気が下がることを懸念し、兵
士たちの結婚を禁止してしまいました。

 ヴァレンティヌスはこれに背き、恋人たちに結婚式をあげさせたため、捕まっ
てしまいます。

 監獄に入れられましたが、そこの目が見えない看守の娘が、彼のもとを度々訪
れ、説教を聞いていると、目が見えるようになりました。

 この奇跡に感じ入った彼女の家族がキリスト教に転向したことに怒った皇帝に
よって、彼は処刑されてしまいます。

 処刑の前日にヴァレンティヌスは娘に宛てた手紙を書きましたが、それには「
あなたのヴァレンタインより」と署名されていたそうです。

 こうして、ヴァレンティヌスは恋人達の守護聖人とされ、殉教した日がバレン
タインデーと呼ばれるようになりました。

現代画報」にも、聖ヴァレンタインの伝説についての記事がありました。

 さて皆様、告白の準備は進んでいますか?





国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
飛躍!報道通信社の日記
現代プレス | 現代画報 国際ジャーナル 報道ニッポン
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ショッピング
プロフィール

o8o9

Author:o8o9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。