スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報月刊 古本の誘惑

今年は年始めからちょっとした時間の隙間に読書をしています。特に元旦はおせちをつまみつつ酒を飲みつつ、ハードカバーの分厚い本を一気に読みきりました。やーそれはもう至福の時でしたよ。普段はここまで集中して読めないから、どっぷりと本の世界にはまりました。本から得られる幸福感って、良いものですよね。映画とか美術鑑賞と違って、読書で体験する感覚は「経験」に似ているんだと思います。それは「読む」という行為が能動だからなのでしょう。自分で作り出しているわけではないし、実際に体験しているわけではない、でも、読まなければ物語は一ミリも進まない、そこに経験という錯覚があり、充実が生まれるのかもしれません。
更に引き込まれるのは、古本の世界。今流行りの大型古書センターみたいなところではなくて、古本屋、古書店は本当に魅力的ですよね。報道ニッポンに「古書店──探求心と好奇心が満たされる空間」という記事が載ってますが、ホント、古書店のあの洞窟に入っていくようなワクワク感は堪らないですよね。10月に神田古本まつりへ行ったときは楽しかった。。子連れでなければもっと・・でも、子どもたちが最近読書にはまり出したのです(親が本にかじりついている影響?)次回は案外楽しめるかも?



現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル 国際通信社発刊
あゆみの取材で・・報道通信社
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ショッピング
プロフィール

Author:o8o9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。