スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道通信社の報道ニッポンで経済を読む ビジネス利用にツイッターのつぶやき商法が益々評判に

「ツイッター」を、うまく利用した企業の事例が紹介されるにつれ、ビジネスでの活用する動きが広がっている。今なで、売れたことのない商品が、つぶやきの読者(フォロワー)が再投稿(リツイート)してからわずか1時間、売れた事例も出ているという。メールマガジンを1万人に送っても、反応してくれる人はたった数人。しかし、ツイッターなら1回つぶやけば、200人以上が反応してくれると言う。比較すると、メルマガの方が情報量が多く圧倒的にビジネスとして利用価値が高いと思われるが 何が違うのだろうか。メルマガやWebでの発
信は受け取る側が構えているからだろうか。それに対して、ツイッターは、何かしらの人間的な繋がりから来る信頼感があるから反応数が違うからだろうか。
マーケリングをする人にとってはツイッターの有効活用は極めて重要な課題に急速になりつつあるようです。小企業のフォロワーの数が大企業のフォロワーに遜色がないという現実は、
大企業から見れば、脅威であるし、小企業からみれば非常に戦略的に使えるツールと言えます。街の小さな自転車さんでも、大企業に混じってフォロワーの数でトップ10に入っているらしい。昔で言えば、織田信長が鉄砲に、いち早く着目し天下取りに向かうことが出来たようなものでしょうか? いずれ、大砲のような大型武器ができてくると小企業は、
鉄砲でも太刀打ちできないかもしれませんが、ITは知恵が活かせるので武器の差は大きくならない可能性が高いでしょう。




「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年9月号のご案内 | 国際通信社
tiara.happy.nu
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ショッピング
プロフィール

o8o9

Author:o8o9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。