スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナルから 原発停止後も地元へ交付金は大幅減しないそう

細野豪志首相補佐官ですが、中部電力浜岡原子力発電所が全面停止した

場合の地元自治体への交付金について会見をしました。



そこで、国の事情で交付金が極端に減ることがあってはならないという

考えを示し、理由については、国の事情で発電量が減った場合、約8割

の交付金を確保するという仕組みになっているために加え、今回の場合、

政治判断で行われた意味合いが小さくないことを踏まえ、特殊事情として

最大限、配慮されるべきだと述べていました。




国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
ニッポンの夜明け
国際ジャーナル|報道ニッポン|現代画報
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ショッピング
プロフィール

Author:o8o9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。