スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナルと職人 がれきを利用して丘を築く方針

宮城県岩沼市が、がれきを利用して高さ10メートル以上の丘を沿岸部に築く
という方針を固めたと新聞に載っていました。
津波の破壊力を弱めるのがねらいだそうで、5月16日の市震災復興本部会議に
提示するということです。
がれきのコンクリート片や土砂を使って、市街地の南北に流れる運河と、海岸の間に
複数設けるということです。丘には松や桜などを植えて、展望台として観光にも活用
する考えだということです。
津波でがれきや土砂がかなり出ている様子はテレビでも報じています。
「がれきの処理」などに関する内容の報道もされていました。
もし、このがれきを利用する方法があるのであれば、また今回の地震が風化しない
ことを願うならば丘を作るのもひとつの方法なのでは・・・と私は思いました。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
press-blog | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
報道ニッポンを求めて
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ショッピング
プロフィール

o8o9

Author:o8o9
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。